3/16(土)、ホワイトハウス前で「Hands Off Venezuela」の大抗議デモを準備

  • 2019.03.13 Wednesday
  • 05:46

トランプはベネズエラへの介入費用50億US$を議会に申請するなどベネズエラへの攻撃を強化しようとしている。また、インド政府に対してもベネズエラの石油購入を止めるように圧力をかけている。Hands Off Venezuela!


土曜日、ホワイトハウスへ向けて「Hands Off Venezuela」の抗議デモ

('Hands Off Venezuela' Protesters March on White House Saturday)

2019年3月12日 teleSUR発

An Answer coalition banner promoting march against U.S. intervention in Venezuela.

米国のベネズエラ干渉に反対するデモを推進する『Answer同盟』の旗。|写真:National Coalition

 

『Answer同盟』と長いリストに名を連ねる活動家たちが、政権がベネズエラに対するクーデター攻撃を継続していることに反対してホワイトハウス前での抗議を準備している。

 ベネズエラの民主的に選出されたニコラス・マドゥーロ政府を打倒しようとするドナルド・トランプ大統領の暴力的な攻撃に抗議する3月16日のホワイトハウス前でのデモンストレーションを大規模なものとするようにデモ隊は準備を加速させている。

 「米国はベネズエラから手を引け!クーデターにノーを、制裁にノーを、米国の新しい戦争にノーを」と『戦争とレイシズムを終わらせるために今こそ行動を』(Answer)同盟と土曜日の抗議を支援する約150の組織及び個人による声明に書かれている。

 『平和を求める黒人同盟』、『国際正義を求める同盟』、『サンフランシスコ中央労働評議会』やロジャー・ウォーターたちと一緒になって『Answer同盟』が、ベネズエラに対するトランプの戦争脅迫に反対するデモ行進を計画し、推進している。声明には「ホワイトハウスはニコラス・マドゥーロ大統領政府を打倒し、ファン・グアイドに置き換えようと狙っている。彼は米国で作戦の訓練を受け、…マイク・ペンス副大統領に急かされて、大統領を自称した。」と書かれている。

 ソーシャル・メディアで拡散したデモに関する『Answer同盟』のビデオで、ロジャー・ウォターズは、トランプ政権は新たな「石油の豊富な国への金持ちの戦争」を始めたがっていると話している。長いリストに名前を連ねた米国を拠点にしている活動家たちと共にロジャーたちは、トランプのベネズエラへの介入と平和と民主主義を名目として石油の豊富な国を攻撃する米国の政策に反対している。

 「トランプ政権は、我々を、アメリカの人民を、ベネズエラの石油のためのもう一つのむごたらしい戦争に引きずりこもうとしている。」と『Answer同盟』のメンバーがビデオで話している。

 現在の米国政府は、ベネズエラ政府と個人に対する夥しい制裁を課すことによって、就任直後のマドゥーロに対するソフト・クーデターを開始した。制裁のリストを拡大し、強化しながら、米国政権は、民主的に選出されたベネズエラ政府を乗っ取るために1月後半にグアイドを送り込んだ。つい最近、ホワイトハウスは、マドゥーロ打倒の一環として全国的な停電を引き起こしたこの南アメリカの国に対するサイバー攻撃を、陰で操っているのでないとしても、支援した。

 米国大統領と内閣は、ベネズエラと取引しているビジネスや他国政府に対しても制裁した。

 『Answer同盟』と活動家たちは、「ベネズエラに対する攻撃政策は、イラクやリビアという石油の豊富な国で体制を転覆させるために行った醜い戦争パターンの繰り返しだ。」と声明し、さらに「トランプは、中東戦争の「過ち」は米国が石油を確保できなかったことだと常に述べている。」と共同コミュニケには書かれている。(N)

原文URL:

https://www.telesurenglish.net/news/Hands-Off-Venezuela-Protesters-March-on-White-House-Saturday-20190312-0004.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

趣旨

今、ラテンアメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM