ベネズエラ:米国による制裁の中、250万戸の住宅建設を達成

  • 2018.12.28 Friday
  • 05:10

ベネズエラの住宅計画は250万戸の住宅をもって「節目」を通過

(Venezuelan Housing Plan Passes 'Milestone' with 2.5M Homes)

2018年12月26日 teleSUR発

Despite economic difficulties, Venezuela has surpassed the goal of three million homes set out by past President Hugo Chavez.

経済的困難の中、ベネズエラは故ウーゴ・チャベス大統領が設定した300万戸の住宅目標を上回った。|写真:Twitter: Prensa Presidencial

 

ベネズエラの大住宅ミッション(GMVV)のゴールは、2019年の終わりまでに少なくとも500万戸の住宅を建設することである。

 ベネズエラの社会的補助付き住宅制度の半分が達成され、ニコラス・マドゥーロ大統領は、水曜日、首都カラカスで250万戸の住宅建設を祝うと発表した。

 「今日、我々は250万戸という節目に到達した。神に感謝する。建設にあたったこの国の人々の努力を見てください。」とマドゥーロが全国放送のニュース番組の中で述べた。

 ベネズエラの大住宅ミッション(GMVV)のゴールは、2019年の終わりまでに少なくとも500万戸の住宅を建設することである。

 「すべてのベネズエラ国民がまずまずの、きれいな、そして適切な住宅を持とうとしている。我々は2019-2025の祖国計画でそれを達成する予定である。私はチャベスが私に残した建設指令を完了するつもりだ。すべてのベネズエラ国民が、良質の、公正で不可欠な自分自身の住宅を持つようになるには、最低の目標は500万戸の住宅である。」と大統領が話した。

 社会プログラムを受けるための国家管理メカニズムである祖国カードを通して選ばれた次の住宅は、貧困で不利な立場にあるベネズエラ人のために確保された後期の住宅として、スリア州にあるラングニージャス市が選ばれた。

 米国が課している制裁によってもたらされた経済的困難にもかかわらず、このボリバル国は、2015年にウーゴ・チャベス元大統領が設定した任務を継続してきた。

 「常にこの国をさらに改善し、復活させることが可能だ。司令官チャベスは200万戸の目標を設定したが、我々はもっと上を行った。(…)我々は500万戸の住宅建設に向かって300万戸に到達しようとしている。」とマドウーロが話した。(N)

原文URL:

https://www.telesurenglish.net/news/Venezuelan-Housing-Plan-Passes-Milestone-with-2.5M-Homes-20181226-0023.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM