ヨーロッパ・アマゾンの労働者がストライキ

  • 2018.07.17 Tuesday
  • 11:23

ストライキは労働者の権利だが、権利は行使しなければ何の力も持たない唯の言葉になってしまう。


アマゾンのヨーロッパの倉庫の数千人の労働者が労働条件をめぐってストライキ

(Thousands of Amazon Workers Strike at European Warehouses Over Working Conditions)

2018年7月16日 teleSUR発

Amazon workers seen outside of warehouses after walking out on the job for a three-day strike.

3日間のストライキのため職場を放棄した後、倉庫に外部にいるアマゾンの労働者。|写真:Twitter / @AmazonEnLucha

 

米国に次いでドイツはアマゾンの2番目に大きい国内市場である。ネットの売り上げ高は昨年少なくとも20%上昇し、170億US$となった。

 ストライキの波の中で、大規模な販売促進日であるアマゾン・プライムの日に、米国の技術系大手企業に労働条件の改善を要求しているスペインとポーランドの同僚にドイツの数千人のアマゾンの労働者が加わると見られている。アマゾン・プライムは、同社が多くの商品を割引価格で販売する毎年恒例のイベントである。

 スペインでは、デモ隊はスペインの首都マドリード郊外にある発送センターでのストライキを組織したグループの名前でもある「アマゾンは紛争中(Amazon En Lucha,)」の旗の下に行進した。このストライキは、労働者たちがヨーロッパの幾つかの国々のアマゾンの労働者にストライキに入るように呼びかけているので、7月18日まで続くものと見られている。最高責任者ジェフ・ベゾスのマスクをつけた労働者もいる。

 Absニュースによれば、「メッセージは明確である。オンラインの大企業は儲ける一方で、労働者の健康への金をケチっている。」とベルディの小売り部門の事務の責任者であるステファニー・ニュツェンベルガーが話している。

 ベルディ・サービス組合は、世界最大のEコマース企業が経営する配送センターでの健康的な労働条件を保証する労働協約の要求を支持するために1日ストライキを呼びかけている。

 ドイツにある6か所の施設での1日ストライキは、シアトルを拠点とするアマゾン・プライム・デー・プロモーションと同時に行われる。スペインの労働者たちは3日間のストライキを行っており、一方、ポーランドではルールを制定する作業の段階にあるとベルディが述べた。

 アマゾンは、ストライキに参加するのはドイツの12,000人の労働者のうちほんの一部と予想しており、プライム・デーの配送に影響を与えることはないと話している。アマゾンの配送センターの業務は雇用の初日から他に負けない賃金と総合的な給付を提供しているとも話している。常勤スタッフは1時間当たり14.31US$で、2年を過ぎるとさらに増える。

 「アマゾンの配送センターの業務は、キャリアをスタートさせ、さらに発展させるスキルを学ぶには最高の場所が提供されている素晴らしい仕事である。」と同社がロイターにメールを送ったコメントに書いている。

 米国に次いで、ドイツはアマゾンの世界で2番目に大きい国内市場である。ネットの売り上げ高は昨年少なくとも20%上昇し、170億US$へと成長し、同社の年次報告書によれば全体の9.5%を占めている。(N)

動画再生はここをクリック

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Thousands-of-Amazon-Workers-Strike-at-European-Warehouses-Over-Working-Conditions--20180716-0012.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM