メキシコの総選挙:大統領、上下院、自治体選挙でも左派が圧勝

  • 2018.07.04 Wednesday
  • 06:06

AMLO同盟がメキシコの下院と上院で圧勝

(AMLO's Coalition Sweeps Mexico's Chamber and Senate)

2018年7月2日 teleSUR発

President elect Andres Manuel Lopez Obrador (AMLO) addresses supporters after polls closed in the presidential election, in Mexico City, Mexico July 2, 2018.

大統領選挙の投票締め切り後、支持者に演説する選出された大統領アンドレス・マニュエル・ロペス・オブラドール。2018年7月2日、メキシコ、メキシコシティで。|写真:Reuters

 

アンドレス・マニュエル・ロペス・オブラドールAMLOの党が選挙区の91%以上で圧勝し、自治体選挙でも地滑り的な勝利を収めた。

 日曜日に行われたメキシコの総選挙で、これまでの60%以上の集計段階で、モレナ(Morena)党と『一緒にメキシコの歴史を作ろう』同盟が下院と上院で絶対多数を獲得する見込みで、新しく選出された大統領アンドレス・マニュル・ロペス・オブラドールAMLOが来る12月に大統領に就任した際には安定した議会支持を得られることになる。

 経済研究センター(CIDE)に所属する政治科学者ハビエル・マルケスによれば、モレナと『一緒にメキシコの歴史を作ろう』同盟は193議席を獲得し、同盟のパートナー労働者党(PT)が別に下院で54議席を獲得した。同盟に参加した保守のPESも58議席を獲得し、下院500議席のうち、この同盟が312議席を獲得した。

 上院においても、モレナは128議席のうち55議席を獲得した。PTが6議席でPESが8議席獲得した。これで同盟の合計が69議席となり、上院でも絶対多数が見込まれる。全体として、モレナの立候補者は全選挙区の91%で勝利した。

 マルケスと全国選挙機関によれば、中道の国民行動党(PAN)は下院で79議席、与党の制度的革命党PRIは下院で204議席から42議席へと落ち込んだ。残りの議席は民主革命党(PRD)と小政党が獲得すると見られている。

 上院においては、PANが23議席、PRIが12議席で、PRDは9議席を獲得した。

 AMLOのモレナ党は地方選挙でも圧勝した。この党は自治体選挙の80.2%を獲得し、一方、PANは11.5%、PRIは8.2%と惨めな得票となった。

 日曜夜の受諾演説で、ロペス・オブラドールは政治における個人的利益は捨て、公共の利益優先とするとメキシコ国民に呼びかけた。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/AMLOs-Coalition-Sweeps-Mexicos-Chamber-and-Senate--20180702-0022.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM