ブラジル最高裁、ルラの一時釈放を認めず

  • 2018.06.27 Wednesday
  • 05:18

10月には大統領選挙。世論調査のトップは獄中のルラ。


ブラジル:最高裁がルラの収監保留を却下

(Brazil: Supreme Court Denies Suspension of Lula's Imprisonment)

2018年6月25日 teleSUR発

U.S. actor Danny Glover attends a demonstration in support of former Brazilian President Luiz Inacio Lula da Silva at a camp near the Federal Police headquarters, where Lula is imprisoned, in Curitiba, Brazil May 30, 2018.

連邦警察本部の近くのキャンプで元ブラジル大統領ルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバを支援するデモに参加した米国の俳優ダニー・グローバー。そこにはルラが収監されている。2018年5月30日、ブラジル、クリチバで。|写真:Reuters

 

ルラは4月7日から汚職とマネーロンダリングの罪でクリチバにある連邦警察本部で留置されている。

 元ブラジル大統領ルイス・イナシオ・ルラ・ダ・シルバと彼の弁護チームが、汚職事件の最終判決が下されるまで収監を保留し、彼を自由にしておいて欲しいという要請をブラジルの最高裁(STJ)に提出した。

 金曜日夜、エドソン・ファチン判事は、ルラの要請を審査しないという決定をしたと発表し、火曜日に予定されていた法廷をキャンセルした。

 それは第4地域連邦裁判所が金曜日に以前に出されていた同様の決定に従ったものである。

 労働者党は、この日ルラが釈放されるか、少なくとも自宅監禁へと変更されれば、10月に予定されている大統領選挙に向けたキャンペーンを開始できると期待していた。

 彼の有罪判決と収監、それに多くの法律専門家や評論家が『法的な罠(lawfare)』であり、主要なマスコミの淫らなキャンペーンのせいだと言っている事件にもかかわらず、ルラは、『フォックス・ポプリ』、『ルボーペ』、『データフォルハ』、『データ・ポデール360』、『インスティテュート・パラナ』、『ザ・ナショナル・コンフェレデーション・オブ・トランスポーテーション/MDA』と『ルポス』が行った2018年のあらゆる世論調査でトップである。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Brazil-Supreme-Court-Denies-Suspension-of-Lulas-Imprisonment-20180625-0018.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM