国連人権委員会が米国を非難

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 05:59

国内外で沢山の人権侵害を犯している米国は、他国の人権侵害を主張する立場ではない。


メキシコ国境付近での「子供の権利侵害」で国連が米国を非難

(UN Accuses US of 'Child Rights Abuses' on Border With Mexico)

2018年6月5日 teleSUR発

Most crossing the U.S. southern border are from Guatemala, Honduras and El Salvador where there is rampant violence and persecution targeting children and youth.

米国南部国境を越えて来る多くの者は、子供と若者を標的とした蔓延した暴力と迫害のあるグアテマラ、ホンデュラスとエルサルバドルの出身である。|写真:Reuters

 

「拘留は子供にとって決して最善の利益ではなく、いつも子供の人権侵害となっている。」と当局者は話した。

 国連は米国にメキシコ国境付近で違法移民家族を拘束し、両親から子供を引き離すのを止めるように要求し、その行為は法に違反するものだと述べている。

 2016年1月に大統領に就任した時にドナルド・トランプ大統領が発行した命令に従い、2017年10月以来、米国南部国境を越えてきた数百人の子供たちが保護されていると、火曜日、彼が話した。

 「米国は両親から引き話すという行動を直ぐに停止し、米国への違法な入国および滞在という、いわば行政違反に過ぎないことを犯罪化することを止めるべきだ。」と国連人権委員会の広報担当ラビナ・シャムダサニがジュネーブでの会見で話した。

 「関係書類を持たないで入国することは犯罪とされるべきではない。だから、これらの人々を拘束するべきではない。」と彼女は発言し、1歳の幼児を含めて非常に小さな子供たちもいると述べた。

 犯罪ギャングや麻薬密売人の暴力が激しくなっているだけでなく、貧困が、違法に米国国境を越え、同国の難民収容所を求めようとして、中央アメリカの数十万人の人々を駆り立ててきた。

 トランプ政権は、親族なしで米国に違法に入国した子供の親権を主張する親の指紋を直ぐに取り始めると1週間前に当局者が話したが、特定され国外退去となることを恐れて子供たちが放棄されるかもしれないと批判を促した。

 両親から引き離されて保護することは普通の事だという米国政府高官のコメントについて尋ねられ、シャムダサニは「子供を拘束することは普通ではない。」と述べた。

 「拘留は決して子供の最善の利益ではなく、いつも子供の権利侵害となっている。」と彼女は話した。

 子供の人権に関する国連協定を世界で唯一批准していない米国は、その協定の調印者として、その他の権利協定を批准した締結者としての義務をいまでも持っているとシャムダサニが述べた。

 「我々の立場は、家族をまとまって保護することが難民を保護する場合の基本的な信条である。」と国連難民局広報官ウイリアム・スピンドラーが述べた。

 米国の南部国境を越えて来る者の多くは、子供と若者を標的とする蔓延した暴力と迫害があるグアテマラ、ホンデュラスとエルサルバドルの出身であると彼は話した。

 「暴力を経験し、ギャングやその他の犯罪暴力によって迫害される恐れのある国から人々がやってくるという事実は、彼らに国際的な保護を受ける権利を与えている。」とスピンドラーが述べた。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/UN-Accuses-US-of-Child-Rights-Abuses-on-Border-With-Mexico-20180605-0016.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM