ブラジル:トラック運転手のストは継続中

  • 2018.05.30 Wednesday
  • 05:16

最新の情報では政府はストライキ中の運転手を逮捕すると脅しているが、益々混迷は深まっている。


ブラジルのトラック・ドライバーはテメルとの協定を拒否し、ストライキを延長

(Brazil Truck Drivers Reject Deal With Temer, Extend Strike)

2018年5月28日 teleSUR発

A truck carrying army officials passes by people supporting the truck owners striking in protest against high diesel prices in Luziania, Brazil May 27, 2018.

ディーゼルの高価格に抗議してストライキ中のトラック所有者を支持する人民のそばをトラックで運ばれる軍人。2018年5月27日、ブラジル、ルシアニアで。|写真:Reuters

 

日曜日のディーゼル価格の削減合意の後、政府はこう着状態の打破を宣言したが、ストライキの継続がテメルの不意を突いた。

ディーゼルのコストを引き下げよというドライバーの重要な要求に人気のないミシェル・テメル大統領が屈服したにもかかわらず、ブラジル中の燃料、商品と食料配送を麻痺させているトラック運転手のストライキは、月曜日の8日目も継続している。

 トラック運転手による550以上の道路封鎖が全国27州のうち24州で行われていると連邦ハイウエイ警察が話しており、ラテン・アメリカ最大の経済は挫けさせられた状態だ。

 1月には1リッター当たり3.36ヘアイス(92USセント)だった価格が、ストライキ前には3.6ヘアイスへと値上げされたことにトラック運転手は怒っている。5月26日にはリッター当たり3.8ヘアイスになった。

 トラック運転手代表との緊急の交渉の結果、テメルはディーゼル価格を60日間、リッター当たり0.46ヘアイス値下げすることに合意した。

 月曜遅くの協定の後、テメルはようやく出口に向かいつつあると主張し、「1日か2日のうちにはこのストライキは終わることに絶対的な自信がある」とツイートしていた。

 しかし、リオ郊外のトラック運転手たちはストライキを継続すると誓っていた。

 テメルの譲歩は「何もなかった。たった2か月だけだし、ディーゼルは高すぎる。少なくとも1ヘアイス引き下げるべきだ。闘いが終わるまで、我々はここに残る。大統領にかかっている。」とトラック所有者ヤゴ・メルケシーネ25歳が語った。

 この危機は巨大な経済の意外な脆弱性を暴露し、10月の総選挙を前にして機能不全のテメル政権を守勢に追いやった。

 『イデイア・ビッグデータ』の世論調査によれば、55%がストライキ自身には反対しているが、95%のブラジル人がこの状況における彼の対処方法に賛成していない。

 テメル政府の支持率は1桁である。

 燃料をめぐる現在の騒動は、2016年後半にテメルがペトロブラスの自主的な価格決定を許すという政治的にセンシティブな決定をしてから、目に余る燃料価格の値上げと共に広がった対立の一部である。最近数週間の世界的な原油価格の高騰も一つの要因ではある。

 「この闘いはトラック運転手のものではなく、ブラジル人民の闘いだ。」とリオデジャネイロ郊外にある『デューケ・デ・カシアス』精油所を封鎖している群衆が一斉に声を上げていた。

 航空燃料の不足は8空港を麻痺させ、サンパウロ近郊の巨大なサントス海港も実質的に閉鎖状態にある。この港は通常は1日当たり10,000台のトラックが行き来しているが、今ではほんの僅かになっている。

 金曜日、武装した兵士が優先ルートの燃料トラックの護送をするように軍隊に介入命令が出されたが、今でもガソリンスタンドには長蛇の列が並んでいる。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Brazil-Truck-Drivers-Reject-Deal-With-Temer-Extend-Strike-20180528-0017.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM