ニカラグア:野党がオルテガの辞任を要求

  • 2018.05.25 Friday
  • 06:19

社会保障改革をめぐる対話のはずだったが、野党はオルテガの辞任、再選挙、制憲議会を要求したことから、対話は中断された。


ニカラグア:野党と政府間対話が中断

(Nicaragua: Dialogue Suspended Between Opposition, Gov't)

2018年5月23日 teleSUR発

Supporters of Nicaraguan President Daniel Ortega, whose resignation is being demanded by opposition students and business leaders.

ニカラグアのダニエル・オルテガ大統領の支持者たち。野党の学生と産業界の指導者はオルテガの辞任を要求している。|写真:Reuters

 

野党の学生と産業界指導部はダニエル・オルテガ大統領の辞任を要求し、平和交渉を中断させた。

 ニカラグアの主教会会議議長レオポルド・ブレネスは、水曜日、政府と野党間の和平のための対話が中断されたと発表した。

 仲介した主教は、交渉を再設定する前に、両者によって提案をついて合意を達成するためには「混合委員会」を設置する必要があると述べた。

 主教会議は政府から3名、大学、市民社会と産業界から一人ずつの6名で構成される委員会を提案した。

 対話の3日目には、民間部門代表と学生指導者を含む野党がダニエル・オルテガ大統領の辞任と選挙および憲法を改訂するための制憲議会を要求したことから、交渉は実質的に停止された。

 幾人かのオブザーバーと出席者同様、政府はこれらの要求は対話の範囲をはるかに超えたものであると主張した。外相デニス・モンカダは、野党は対話を利用して「ソフトクーデターの方へ」押しやろうとしていると発言した。

 ジャーナリストのアドルフォ・パストランは、「ここでは国民議会で過半数が要求されるような一連の改革が話し合われている。このような改革が政党抜きで議論されるのを見るのは初めてだ。」と話した。

 「ここの誰が、この種の合意を得られるだけの国民議会の多数を持っているのか分からない。ここにいる若い男の一人が、これは絶対的な降伏の交渉であり、政府全体が去らねばならないと発言した。何を交渉しようとしているのか?」

 ロサリオ・ムリージョ副大統領は、この国が平和へと戻れるように生産的で建設的な交渉を呼びかけた。この国の多くの地域で抗議行動はまだ高速道路を妨害しており、日常生活と経済活動に影響が出ている。

 「平和の回復は、働くために、生計を営むために、ニカラグアの家族の重大な関心であり、平和と安全保障が過去数週間脅威に晒されてきた。」とムリージョが話した。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Nicaragua-Dialogue-Suspended-Between-Opposition-Govt-20180523-0038.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM