ベネズエラの大統領選の結果は尊重されなければならない

  • 2018.05.22 Tuesday
  • 06:11

国際選挙監視団は不正は全くなかったと発言しているのに、選挙前から不正だと決めている米国政府は制裁を強化しようとしている。


CEELAの選挙専門家が、ベネズエラの投票は「人民の意志」を反映したものである、尊重されなければならないと発言

(Ceela Electoral Experts Say Venezuela Vote Reflects 'Will of the People,' Must Be Respected)

2018年5月21日 teleSUR発

Venezuelan President Nicolas Maduro and his wife, Cilia Flores, celebrate with supporters.

支持者と共に祝うベネズエラ大統領ニコラス・マドゥーロと彼の妻シリア・フローレス。|写真:EFE

 

「我々は選挙過程で不適格とされるようなどんな要素も見つけなかった。」とCEELAの議長ニカノル・モスコソが述べた。

 ラテン・アメリカの選挙専門家評議会(CEELA)の代表団は、5月20日のベネズエラの選挙結果は人民による大衆の意志を表明したものであるので、認められなければならないと述べた。

 制憲議会(ANC)議長デルシー・ロドリゲスと一緒に、選挙過程を監視するためにベネズエラへ派遣された国際監視委員会は記者会見で発言し、この結果を無視するという幾つかの国によって為された決定は政治的な動機によるものだと断言した。

 「今日まで技術的に、選挙の過程で不適格となり得るいかなる要素も見つけなかった。」とCEELAの議長ニカノル・モスコソが述べた。「我々は、これはベネズエラ人民の意志の結果であり、これらの結果は認められなければならないと明確に言うことができる。」

 この組織はいつも決まってアメリカ諸国での大統領や議会選挙のために認証された国際的なチャプレンとして活動しているが、ベネズエラが投票の進行を監査する唯一の国であると強調した。

 ロドリゲスの方は「困難な状況にもかかわらず、ベネズエラの人民は自身の意志を表現し、平和と主権のために投票した。」と述べた。

 キューバ、ボリビア、エルサルバドル、イラン、ロシアや中国といった、ラテン・アメリカやその他の多くの国がベネズエラの選挙を承認し、ニコラス・マドゥーロ大統領を祝福する一方で、右翼政府はこの選挙を「違法なもの」としてこの投票を撥ね付け、実施される前からこの選挙とその結果を認めない態度をとって来た米国、カナダとその他の西側の国々の声明に同調している。

 いわゆるリマ・グループのアルゼンチン、ブラジル、メキシコ、パナマ、パラグアイ、サンタルシア、コロンビア、ホンデュラス、コスタリカとグアテマラ、それとカナダは、月曜日、声明を発表し、ベネズエラの大統領選挙の合法性を認めないと述べている。それぞれの国がカラカスから大使を相談するために呼び戻すことに言及し、彼らがベネズエラの「危機」と呼んでいることへの地域的対応を調整する会議を開催した。

 彼らはこの南アメリカの国の「この状況」の新しい解決策を見つけるつもりだとも述べている。

 一方、イラン政府は声明を発表し、ベネズエラの選挙は「国内の圧力と外国の脅迫と制裁のなかで、偉大な勝利であり、ベネズエラにおける民主主義の成果であると述べている。

 その一方で、ベネズエラの大衆的な選挙過程は、米国の機嫌を損ねただけではなかった。副大統領マイク・ペンスと国務長官マイク・ポンペオが、日曜日の投票はすぐに「経済的、外交的」対策を取らせることになると述べた。

 彼のボス、米国大統領ドナルド・トランプが大衆投票で敗れ、エリートの少数の選挙人団によって就任したにもかかわらず、「ベネズエラの選挙は誤魔化しであり、自由でも公平でも無かった。」とペンスは声明で言及した。

 「米国はベネズエラが崩壊し、その勇敢な人々の悲惨な状態が続くのを何もしないで座っていることはない。マドゥーロ政権はベネズエラに人道的援助を認めなければならないし、人々の声が聞こえるようにしなければならない。」と述べたとロイターが伝えた。

 ベネズエラの全国選挙評議会(CNE)の最新の報告では、現職大統領ニコラス・マドゥーロが昨日の投票で600万票以上を獲得したことが明らかになり、CNEが日曜夜に発表した580万票からさらに差を広げた。

 CNEの副議長サンドラ・オブリタスは、マドゥーロは6,190,612票、次点の対立候補元知事のエンリケ・ファルカンは1,917,036票を獲得したと発表した。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Ceela-Electoral-Experts-Say-Venezuela-Vote-Reflects-Will-of-the-People-Must-Be-Respected-20180521-0017.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM