ベネズエラの大統領選挙への干渉を止めよ

  • 2018.05.18 Friday
  • 05:31

世界の良識のある知識人たちが、ベネズエラの選挙を支持し、ベネズエラの民族自決権を尊重すべきと表明している。カナダでは在外ベネズエラ人のために、大使館に投票所を設置することを妨害している。


世界の専門家や議員たちがベネズエラの選挙を支援

(International Experts, Lawmakers Support Venezuelan Elections)

2018年5月17日 teleSUR発

Supporters of Venezuela

ベネズエラの故ウーゴ・チャベス大統領の人形を掲げたニコラス・マドゥーロの支持者たちが、選挙キャンペーンの決起集会チャラジャベに参加した。|写真:Reuters

 

 ヨーロッパの統一北欧緑の党左派同盟の議員やラテン・アメリカの知識人たちが、ベネズエラの人民の自決権への支持を示した。

 ラテン・アメリカとヨーロッパ議会の知識人や議員たちが、人民が自分自身の政府を決めることが出来る権利を国際社会が尊重するように求めて、来たるベネズエラの選挙への支持を表明した。

 「少し前に、市民の投票を妨害する軍事クーデターがあった。今日、全世界へと民主主義の教訓を与えている人たちが、民主主義を停止させようとしている。彼らが好まなくても、ベネズエラの国民は投票する。それは、ベネズエラが決めることだ。」とスペインの左翼政党で統一左翼同盟のメンバーでヨーロッパ議会の議員であるハビエル・コウソが話した。

 ベネズエラは5月20日の日曜日に大統領選挙と州議会選挙を行う予定である。大統領選では二人の大統領候補が、現職のニコラス・マドゥーロに置き換わろうとしている。

 しかし、ベネズエラの選挙システムは幾つかの国際監視団によって称賛され、野党候補の承認と信頼を得ているという事実があるにもかかわらず、主要なメディアと世界中の右翼の諸政府は皆、実施されるまえからその選挙は不正だと叫んでいる。

 「ヨーロッパ議会から、ポルトガル共産党がベネズエラ人民との連帯を表明する。人民は、外国の圧力とは無関係に、ボリバル革命を妨害しようとする介入や陰謀とは関係なく、決定する権利を持っている。」ヨーロッパ議会の欧州統一左派・北欧緑の党左派同盟のポルトガル共産党のホアロ・ピメンタ・ロペスが述べた。

 「ボリバル革命は民主的プロセスで継続される。一つの人民として団結し、我々は勝利する。」とピメンタが付け加えた。

 そしてアメリカ諸国の知識人や議員たちもまた、ベネズエラの選挙を支持することを表明した。

 サン・マルコス国立大学の教授で、ペルー共産党員であり、国際報道員のヘクトル・ベハルは、ペルーにおいては、人民はベネズエラの選挙を間近で注視していると述べ、ベネズエラ人民の自決権を再確認した。

 「ベネズエラの仲間たち、我々はあなた方の味方だ。なぜなら、一つの人民として団結し、ベネズエラの主権のために闘っていることを我々は知っているからだ。すべてのラテン・アメリカはあなた方の味方だ。なぜなら、ベネズエラの主権もまたラテン・アメリカの主権だからだ。」とベハルが話した。

 それから、ブエノスアイレスの下院の市民統一ブロックの指導メンバーであるフローレンシア・サイントウトもベネズエラ民主主義への尊重と平和への希望を表明した。

 「誠実な男女は、平和と民主主義の尊重、それと人民の自決権の尊重が我々に未来を一緒に建設することを許すのだ。ベネズエラには決定する権利がある。我々は民主主義者であり、一つの人民として団結したベネズエラの味方である。」サイントウトが話した。

 ベネズエラの中央選挙評議会(CNE)の議長ティビセイ・ルセナは、5月20日に予定されている大統領選挙における外国政府の干渉を繰り返し拒否してきた。

 「CNEは、ベネズエラの国内政治へのいくつかの政府がこのような目に余る干渉を行い、緊張を作り出そうとすることに驚かされることはない。」とティビセイ・ルセナがテレスールに語った。

 最近、カナダ当局は、トロント、オタワとバンク―バにあるベネズエラ大使館と領事館に投票所を設置することを許可しないと発言した。

 「彼らは、ベネズエラが独裁であると非難しているが、誰が投票を拒んでいるのか?独裁国だけが市民に投票する権利の行使を認めないというのであれば、それならばお尋ねしたい。いくつかの国が言っているように、もしベネズエラが独裁であるというのならば、今カナダがベネズエラ人の投票する権利を妨害している事はどうなのか?」とベネズエラの外相ホルヘ。アレアサが話した。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/European-Parliament-Members-Support-Venezuelan-Elections-20180517-0006.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM