英国:メーデーにマックストライキ

  • 2018.05.03 Thursday
  • 06:13

英国のマクドナルドで、最低時給10ポンドと労働組合結成を要求して『マックストライキ』を決行した。


メーデーのマックストライキ:労働者たちはよりましな、より平等な賃金を要求

(McStrike on May Day: Workers Demand Better, More Equal Wages)

2018年5月1日 teleSUR発

McStrikers in the U.K. are demanding £10 an hour, union rights and guaranteed working hours.

英国のマックストライキは、時給10ポンド、組合の権利と労働時間の保証を要求している。|写真:Twitter / @Juliebsherry

 

米国のファーストフード・フランチャイズの労働者たちが、よりましな労働条件、労働契約と賃金を団結して要求している。

 イギリスのマクドナルドの労働者が、3つのささやかな事を要求してメーデーに「マックストライキ」を呼びかけた。3つの事とは、最低時給を10ポンドとする事、ゼロ時間契約を止める事、労働組合を結成する権利を認める事である。

 マンチェスター、ワットフォード、クレイフォードとケンブリッジの少なくとも5つのお店の労働者が、同国のファーストフード労働組合の支援を得て、労働者の権利を要求して5月1日火曜日にストライキを決行した。

 2017年9月にクレイフォードとケンブリッジのお店は、1974年に英国にファーストフード1号店がオープンしてから初めてのストライキを組織した歴史を刻んでおり、今日も同じことを求めている。

 労働者たちはゼロ時間契約の明確な廃止を要求している。この言葉の意味は英国では、労働者に決まったスケジュールも賃金もないオンコール契約の事である。

 ベイカーフード連合労働者組合は、固定時間契約オプションと若い労働者の公正な賃金および組合の承認を要求して闘っているマクドナルドの労働者たちを支援している。

 マクドナルドは年齢に応じてスタッフの賃金が支払われており、若い労働者にははるかに安い賃金しか支払われていない。2017年の抗議はマクドナルド史上最大級の賃上げを勝ち取ったが、それはまだ年齢制度と結びつけられていた。

 2018年1月の賃上げの後も、16歳から17歳の労働者の賃金は、最低5.75ポンドで、最大でも7ポンドであるが、25歳以上では8ポンドから10ポンドとなっている。

 賃上げは地位、地域と年齢で条件をつけられ、それは英国の全支店の約4分の1を占める企業所有レストランにとって義務だった。

 

 #労働の権利と並んで、#マックストライキ、#メーデーというハッシュタグを使って、英国の労働者たちは彼らの権利を団結して要求している。ファーストフード労働者革命の始まりとなるかもしれない。

 しかし、英国マクドナルドは、メーデーのマックストライキの評判を落とすことを狙って、固定契約よりも「フレキシブル契約」を選択したある労働者を映したビデオで、このストライキと抗議に対応している。

 

 「今誰もが最低保証時間契約を提供されている。しかし、約80%の人はフレキシブル時間契約を選択している。それは他のやりたいことに自分の仕事の時間を合わせられることが良いと思っているからだ。」と英国マクドナルドが公式ツイッターに書き込んだ。

 しかし、労働者たちはこの対応を快く思っていない。「この世界の労働者の日に、我々は世界で2番目の雇用者を持つマクドナルドに、労働運動は復活し、行動する準備が出来ているというメッセージを送るつもりだ。」とケンブリッジ支店の労働者アナリセ・ピーターが話した。

 「我がマクドナルドが時給10ポンドの生活できる賃金へと人権を尊重し、団結する権利を尊重するまで我々は止めない。」

 ストライキの一環として、マクドナルドの労働者たちは、この会社のCEOスティーブ・イースターブロックのホームタウンであるワットフォードでデモ行進を計画していた。聞くところによれば、彼は時給5,500ポンド稼いでいるらしい。

 約40名のマクドナルドのスタッフが月曜日のストライキに参加したという報告があるけれども、会社の公式な発表では僅か11人の労働者だけがストライキをする意志を確認していると述べている。

 「公式には12万人のうち11人が、5月1日に1,270店舗のうち5店舗でストライキを起こそうとしている。」とあるマクドナルドの広報官が『ミラー・オンライン』に話している。

 「我々は失望しているけれども、我々のビジネスの中心に人々を置くことに重点としていることを考えれば、この数字は英国の労働者のごく少数の割合しかないことに安心している。」この広報官は活動家が他のスタッフに強要しているという報告を受けており、この問題を調査するつもりだ。」とも話した。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/McStrike-on-May-Day-Workers-Demand-Better-More-Equal-Salaries-20180501-0018.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM