ブラジル:ルラ収監の警察本部前で政府綱領を発表

  • 2018.04.26 Thursday
  • 05:55

労働者党の今年10月の大統領選挙の候補者は、以前としてルラであることを確認した。


ブラジル:労働者党がルラの政府綱領を発表

(Brazil: Workers' Party Releases Lula's Government Program)

2018年4月25日 teleSUR発

Former Brazilian President Luiz Inacio Lula da Silva.

元ブラジル大統領ルイス・インシオ・ルラ・ダ・シルバ。|写真:Reuters

 

その計画は、4月7日以来ルラが収監されているクリチバの連邦警察本部前で発表された。

 ブラジルの労働者党は、ルイス・イナシオ・「ルラ」・ダ・シルバが今でも10月の総選挙での同党の大統領候補であることを確認し、当選した場合の彼の政府計画の一連の詳細文書を発表した。

 その計画は7つの重要な項目に分けられており、全国民と協議しながら解決すべき課題をリストアップしている。

 その課題は:

1.国際システム、主権、国防

2.公共サービスの提供と同時に統合と国民的結束

3.この国における公正と法の支配

4.市民の生活の質の向上

5.消費財の利便性の拡大方法

6.不平等の削減とブラジル全体の社会的共生の保証

7.経済と持続的環境、天然及び工業資源の利用方法、すべての人のための豊かさの保証

 この計画は、4月7日以来ルラが収監されているクリチバの連邦警察本部前で発表された。

 エコノミストであり、ペルセウ・アブラモ基金の代表マルシオ・ポックマンは、「この政府計画は国民の解体と国民資産の売却を遅らせることが基本となっている。」と述べた。彼は、失業の高いレベルと急激な貧困が拡大する中で、この政府綱領はこれまで18か月かけて組み立てられたものであることを強調していた。「我々は2019年1月に民主的な開始が実施できるように、この素晴らしい綱領を組織化している。」

 汚職の有罪判決を受け、収監されているにもかかわらず、その事件は多くの法律専門家とオブザーバーは法律の罠と怪しい主要メディアキャンペーンのせいだと考えており、ルラは2018年のあらゆる選挙調査で、フォックス・ポプリ、イボペ、データフォルハ、データ・ポデル360、インスティテュト・パラナ、トランスポーテーション/MDA全国連合とイプソスが実施した選挙調査で首位に立っている。

 ルラが大統領だった2期には、沢山の社会保障が実施され、数百万のブラジル国民が貧困から抜け出し、国連の飢餓地図から同国を抜け出させたのだった。データフォルハによれば、彼は2011年に83%という記録的な支持率を持ったまま大統領を退いた。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Brazil-Workers-Party-Releases-Lulas-Government-Program-20180425-0018.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM