ベネズエラ:反革命クーデターから人民がチャベスを救出したのは16年前の今日(4月12日)

  • 2018.04.12 Thursday
  • 06:22

2002年の4月11日と12日は、チャベスに対する反革命クーデターからベネズエラの圧倒的多数の人民がチャベスとボリバル革命を守った記念日です。ベネズエラの革命的人民は、反革命クーデターの策謀を数百万の大衆デモで再びはじき返すと誓う。


マドゥーロに対する米国主導のキャンペーンの渦中に、ベネズエラは反チャベス・クーデターを思い出す

(Amid US-led Campaign Against Maduro, Venezuela Remembers Anti-Chavez Coup)

2018年4月11日 teleSUR発

Late President Hugo Chavez was received by the people upon returning to Miraflores presidential palace.

ミラフローレス大統領官邸へ人民によって連れ戻される元大統領ウーゴ・チャベス。|写真:VTV

 

ウーゴ・チャベスの革命プロセスを一緒に闘った政治指導者たちは、2002年4月のこの日の数百万人の市民の英雄的行動を強調している。

 16年前の今日、米国に支援された2002年の短期間に終わったクーデターに対してボリバル革命とウーゴ・チャベス大統領を守るためにベネズエラの人民が街頭に繰り出した。ニコラス・マドゥーロ大統領の追放を狙って、現在の社会主義政府に対して米国とこの地域のその同盟国が政治的・経済的戦争を仕掛けている最近の出来事は、今日の多くのベネズエラに人々にとっては同様の不快さを感じている。

 2002年の4月11日と12日に、数百万人のベネズエラの人民がクーデターに反対して街頭に繰り出し、正義と平和的で、主権を持つ独立した祖国を可能とする、多様性のある、人民の参加型民主主義の社会主義モデルを保証する政治体制プロジェクトを防衛した。

 地元の民間放送局によるメディア放送が全くない中で、多くのベネズエラの人々が組織され、革命政府を防衛するために現れ、人民の大衆がクーデターの背後にいる右翼野党の主体となった連中たちと対決した。その同じ連中が現在、マドゥーロを追い出すために新たな国際的なキャンペーンを展開している。

 ウーゴ・チャベスの勝利以来、革命プロセスを一緒に闘って来た政治指導者たちは、2002年この日の数百万人市民の英雄的行動を強調している。

 地元のニュース番組『チューズデー・イブニング』で、現ベネズエラ・コミューン省大臣アリストブロ・イスツリスは、ベネズエラ革命の指導者とクーデターに対する人民の勝利を思い出していた。

 「それは市民軍の道義心の日だった。道義心が街頭へ出て、ミラフローレス(大統領官邸)へ向かったのがその日だった。我々にとっては、それは更なる道義心を持つ町と一体となったもう一つの4月19日だった。」と、イスツリスは1810年にベネズエラがスペインから独立を勝ち取った日に言及しながら話した。

 ベネズエラ人民権力刑務所制度省のイリス・バレラもまた2002年のチャベスを支持する大衆デモの中にいたもう一人の人物である。

 「人民はあらゆることをやろうとしていた。チャベスが誘拐される前でも、ボリバルの人民は大統領の後見人になっていたし、官邸の保護者になっていた。その後、4月11日が過ぎて、人々は我慢できなくなり、大いなる決意を持って街頭に出てきた。」とバレラはその年の出来事を思い出しながら話した。

 このような出来事は、ワシントンとラテン・アメリカのその同盟国が主導しているマドゥーロを追放するための組織された国際的なキャンペーンに直面しているように、マドゥーロ大統領の現社会主義政府が直面している圧力と同様のものである。米国大統領トランプと政府閣僚だけでなく米国議会議員は、ベネズエラでの軍によるクーデターを公然と提唱し、要求している。

 しかしながら、多くのベネズエラの人々は政府を支持し、団結することを誓っており、ベネズエラの民主主義に対してそのような攻撃がなされた場合には、2002年の大動員を繰り返す用意があると断言している。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Amid-US-led-Campaign-Against-Maduro-Venezuela-Remembers-Anti-Chavez-Coup-20180411-0008.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM