中国のオイル元が米国のオイルダラーを脅かすのか

  • 2018.04.10 Tuesday
  • 05:33

中国が最近石油購入量第一位となり、人民元建てで石油取引を開始したことが、米国の世界支配の重要な要素であったオイルダラーが脅かされるかもしれないという記事です。


専門家:米国のペトロダラー支配に脅威を与える中国のペトロ元

Experts: Chinese Petro-Yuan to Threaten US Petrodollar Dominance

2018年3月7日 teleSUR発

A Chinese yuan is positioned in front of a U.S. dollar.

中国元は米国ドルの前面に位置している。|写真:Reuters

 

中国は最近、石油購入量世界一となって米国を追い抜いた。

 金融専門家たちは、中国のペトロ元が原油市場における米国のドル支配にもうすぐ脅威を与えるかもしれないと予測している。

 「第一の問題は、中国が、石油市場を現在ドルで取引されている供給市場ではなく需要市場にすることが出来るかどうかであり、今がその時だ。」とグローバルFXの投資アナリストのウラジミール・ロハンスキーがテレスールに話した。

 彼はさらに「二つ目の問題は貿易戦争である。もし世界貿易が経済制裁の応酬という死のスパイラルに陥ってしまえば、ドルでの石油取引を維持することは重要な戦略的問題、あるいは米国の死活問題になるかもしれない。」と述べた。

 市場データによれば、中国は最近世界一の石油購入国として米国を追い抜いた。

 しかし、中国株は米国による攻撃の影響を受けやすく、実際に元の基準価格の引き下げだけでなくペトロ元の可能性を弱めている。ロハンスキーは、もし米国がこの道に乗り出せば、中国の石油先物をあまり魅力のないものとしてしまうだろう、と主張した。

 「米国と中国の貿易戦争は既に始まった。中国は人民元を準備通貨として推進していくことを計画しており、国民通貨での原材料の購入よりも良いことはない。通貨交換における費用を節約できるし、米国ドルへの依存を減らすことになる。」とドミネーション解析部のリーダー、スタニスラフ・ウエルナーが語った。

 昨年、中国政府は原油先物契約を開始する計画を発表し、中国が金で石油を購入したり、米国ドルに転換することを必要とせずに元の金への交換を可能とした。

 先月、世界第2位の経済大国で最大の石油輸入国であるこのアジアの国は、そのメカニズムが国家評議会で承認された後、上海の国際エネルギー交換所(INE)で元建ての石油先物契約を開始した。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Experts-Chinese-Petro-Yuan-to-Threaten-US-Petrodollar-Dominance-20180407-0010.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM