アルゼンチンの公務員労働者、再びストを計画

  • 2018.03.29 Thursday
  • 06:03

アルゼンチンの公務員労働者が、賃上げと大量解雇に反対して再びストライキを予定しているという記事です。


ブエノスアイレスで再びストライキ:公務員、4月5日に抗議

(Buenos Aires Strikes Again: State Workers Protest April 5)

2018年3月27日 teleSUR発

Protesters yell slogan during a march of Argentina

ブエノスアイレスのストライキ中の教師に連帯するアルゼンチン労働総同盟(CGT)のデモでスローガンを叫ぶ抗議の人々。2017年3月7日。|写真:Reuters

 

ブエノスアイレスの幾つかの公務員労働者組合は、賃上げを求めて、さらに大量解雇と強制引退に反対して4月5日に抗議を行うと発表した

 司法、医療、教育などのいろんな労働部門の労働組合が、今日、州議会建物の外に大きなテントを設置し、賃上げ要求と過去数か月に亘って実施した公務員の大量解雇に反対してもうすぐ抗議を行うと発表した

 今日のテントの下で、公務員協議会(ATE)とブエノスアイレス司法協議会(AJB)および医療専門家協議会連合(CICOP)の代表者たちが「ブエノスアイレス政府の政策に集団で対決するために」ストライキを行うと述べた。

 「我々は断固として15%の賃上げを拒否する。交渉に呼ばれていない医療専門家を含めてすべての労働者を(政府との)交渉に含める事を要求する。解雇を止め、すべての労働者を再雇用することを我々は要求する。」とATEの指導者オスカル・デ・イサシが話した。

 12月以降、右翼のマウリシオ・マクリ大統領政府は、IMFの緊縮勧告に従って1,000人以上の公務員を解雇した。ブエノスアイレス州政府は昨日、60歳の者、30年以上教鞭を取っている者という約3,000人の教師を早期退職させたい、さらに毎年の退職者年金支給を40%削減したいと発表した。

 ブエノスアイレスの教師は、2月遅くに15%、月間約42.50US$の賃上げを提案された。全国の教師は、学期の最初の2日にあたる3月5日と6日にストライキを行い、昨年25%上昇したインフレ率に見合う賃金の値上げを要求した。

 翌日、推定40万人が大量解雇と首都における政府の財源カットに反対するストライキに参加した。

 「我々は集団行動を取ることに決めた。すなわち、政府建物前のテントと来週水曜日4月5日に行う予定の抗議とストライキだ。」とデ・イサシは結んだ。組合指導者たちは、来週の彼らの取組によって政府機関を停止させることを期待している。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Buenos-Aires-Strikes-Again-State-Workers-Protest-April-5-20180327-0026.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM