ベネズエラ:経済制裁にもめげず200万戸の低価格住宅が完成

  • 2018.03.22 Thursday
  • 05:09

ベネズエラが住宅建設を開始したのは、地滑りで多くの家が失われた時に復興用の住宅建設が最初だった。その後低所得者向け住宅建設へと展開された。東北大震災と同じ年から始まっているが、東北では復興住宅は一体何軒建てられたのだろう。


ベネズエラはちょうど7年で200万戸の低価格住宅を建設

(Venezuela Builds 2 Million Affordable Homes in Just Seven Years)

2018年3月20日 teleSUR発

President Nicolas Maduro said the new homes belong to the Venezuelan people.

ニコラス・マドゥーロ大統領は、新しい住宅はベネズエラ人民のものだと述べた。|写真:Twitter / @Minhvi_Oficial

 

政府は2019年までにあと100万戸の建設を計画している。

 ベネズエラ政府は、人民の社会保障制度の一部として7年間で200万戸の住宅を建設した。

 ニコラス・マドゥーロ大統領は、ミランダ州チャラジャベにある新「ミラドール・デ・カイサ」の住宅複合施設で行われたベネズエラ大住宅ミッション(GMVV)のイベントで発表を行い、その中で将来の住宅計画についても言及した。

 住宅プロジェクトは2018年度中に50万の住宅に引き渡しが予定され、ベネズエラ政府は低コストの人民向け住宅の500万戸という歴史的数字にすぐに到達することを計画している。

 「このミッションが誕生してから、毎日約2軒となる。司令官ウーゴ・チャベスのように建設した国は世界中どこにも無いし、ニコラス・マドウーロ大統領が達成した。」と通信情報相ホルヘ・ロドリゲスが述べた。

「祖国はコミュニティ内の自宅で始まる。200万戸の住宅を建設したことは、我々が封鎖を乗り越えることが出来ること、一緒にやればあらゆることが可能であることを示している。司令官チャベスはどこにでもいる。ミッションは達成した!」

 

 革命の指導者ウーゴ・チャベスによって2011年4月30日に、GMVVは開始された。それは、ボリバル革命の故司令官の考えを実現しようとするものだった。彼はベネズエラ人民が必要とするものに気を掛けていた。マドウーロが大統領に就任してからも、彼はチャベス・プロジェクトの約束を守って来た。

 マドウーロは2019年までの後100万戸の住宅を配給することを約束し、その建設を開始するにあたって1,058の新しい建設地を指定した。

 ベネズエラ政府は、住宅ミッションをこの国の歴史上最も成功した意欲的な住宅政策にしようとしている。それは主要な5つの行動ポイントに依拠している。すなわち、人民と土地、資材、資金調達、執行者である。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Venezuela-Builds-2-Million-Affordable-Homes-for-the-People-20180320-0022.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM