米国ウエスト・バージニアの教師がストライキで賃上げを勝ち取る

  • 2018.03.08 Thursday
  • 06:28

米国ウエスト・バージニアの教師たちが、1週間以上のストライキにより賃上げを勝ち取ったという記事です。


「我々は勝った!」ウエスト・バージニアで5%の賃上げに合意し、教員ストライキは終結

('We Won!': West Virginia Agrees to 5% Raise to End Teachers Strike)

2018年3月6日 teleSUR発

West Virginia teachers have the lowest wages in the United States.

ウエスト・バージニアの教師たちは米国で最低の賃金だった。|写真:Reuters

 

米国内で最も低い賃金水準であることに抗議して、教師たちは過去数週間よりましな賃金を求めていた。

 アパラチア山脈の州全体で1週間以上にわたる抗議の結果、火曜日、西バージニア当局がすべての州の労働者に5%の賃上げをする事により教師のストライキを終わらせる協定に合意したと政府当局者が発表した。

 ウエスト・バージニア州で教師たちが賃上げを求めていたので、27万7千人の生徒が9日間の登校日に教室から出されていた。その州は米国の教師にとって最低に近い賃金水準だった。

 ウエスト・バージニアの教員協会は協定を歓迎し、フェースブックのページに「我々は勝った!」と書き込んだ。

 「教師の賃上げに関しては難しい問題だったが、実現した。」と共和党の知事ジム・ジャステスがツイッタに書き込んだ。州議会はちょうど4%の賃上げを認めていた。役所の経費節減がすべての州労働者の賃上げになると知事が付け加えた。

 賃上げが発表された後、教師たちはチャールストンにある州議会議事堂のホールで喝采を上げ、歌った映像がCNNで放送された。全国教育協会によれば、昨年の教師の平均給与が45,783US$で、全米50州の中で46位にランクされていた。

 対立する法案の調整にために、共和党が支配する州下院議会議員と上院との間の委員会の会議の直前に、協定が発表された。下院は5%の増額を支持したが、上院は4%に賛成していた。

 教員全米連合の議長ランディ・ウエインガーテンは、ウエスト・バージニアから電話で、石炭鉱山の拠点としての労働者の行動主義の永い歴史と教員がストライキをする前に練った計画をストライキは示したと語った。

 「瀬戸際へ追いやられた時、人々は立ち上がり、自分たちと家族のために闘うのだ。」と彼女は述べた。

 オクラホマでは、学校の授業が週4日になってしまう予算削減をめぐってストライキの可能性を検討している。そこでの教師の平均給与はウエスト・バージニアのそれ以下のままである。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/We-Won-West-Virginia-Agrees-to-5-Raise-to-End-Teachers-Strike-20180306-0027.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM