モラレス:EU離脱は資本主義の破綻のサイン

  • 2016.06.26 Sunday
  • 05:24

英国のEU離脱について、ボリビア大統領モラレスの発言をteleSURの伝えています。


エボ・モラレス:EU離脱(Brexit)は資本主義の破綻のサイン

(Evo Morales: Brexit is Sign of Capitalist Breakdown)

2016年6月24日 telesSUR発

エボ・モラレス大統領は、EU離脱を「資本主義システムの危機」として説明した。|写真:Reuters

 

ボリビアの大統領は、EU離脱は合衆国への依存が高まることにつながる可能性を警告した。

ボリビア大統領エボ・モラレスは、金曜日、英国がヨーロッパ連合から離脱を決定したことは資本主義システムとヨーロッパ連合が危機的な状態であるサインであると断言した。

 「イギリス人民の決定は、資本主義システムの危機とヨーロッパ連合の統合の危機の表れである。」と彼はツイッターに書いた。

 EU離脱の結果として、モラレスは、「合衆国に大陸を分割させたり、支配させない」、あるいは、NATOの戦争政策に屈服しないようにヨーロッパに警告した。

 大統領の警告は、言語学者で社会批評家のノーム・チョムスキーからも同様の憂慮が繰り返されている。

(動画は原文をご覧ください)

 5月に遡れば、チョムスキーは、「最悪の選択はEU離脱(Brexit)だろう。私の感じでは、たぶん、ブリテンに向かうのではないか、もしかしたらイングランドかもしれない。もし、スコットランドが抜ければ、もっと合衆国依存が強まるだろう。」と、ガーディアン紙に語っている。

 英国におけるヨーロッパに残留か離脱かの国民投票の結果は、「離脱」運動の勝利に終わり、デビッド・キャメロン首相は、金曜日朝、辞任する計画を表明した。

 現地時間7:15にガーディアンによって報告された最終結果は、EU離脱が100万票以上の差で勝利した。51.89%対48.11%だった。全体では、119の地域で「残留」に賛成し、263に多数の地域で「離脱」に賛成した。(N)

原文URL:

http://www.telesurtv.net/english/news/Evo-Morales-Brexit-is-Sign-of-Capitalist-Breakdown-20160624-0031.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM