ホンデュラス大統領選挙、野党が抗議の拡大を呼びかけ

  • 2017.12.22 Friday
  • 05:47

ホンデュラスの大統領選挙は、約1か月かかってやっと現職の勝利が発表されたが、米州機構(OAS)のアルマグロでさえ選挙のやり直しを要求するほど、不正がプンプン匂うものだ。野党は大規模な抗議を呼びかけ、警察は弾圧を強めている。


ホンデュラス:野党同盟が一層の路上抗議を呼びかけ

(Honduras: Opposition Alliance Summons More Street Protests)

2017年12月20日 teleSUR発

Police fire tear gas towards opposition supporters during a protest after Honduras

ホンデュラスのファン・オルランド・エルナンデス大統領が自分の再選を宣言した後の抗議で、野党支持者に向かって催涙ガスを発射する警察。|写真:Reuters

 

紛糾している選挙結果を、野党が拒否している事を示すために、水曜日夜明けから始まる3日間に亘る全国的な結集が組織された。

 ホンデュラスの野党同盟は、問題となっているファン・オルランド・エルナンデス大統領の再選に対する市民の一層の抗議行動を求めた。

 野党が選挙結果を認めないことを示す事と、これまでのところ少なくとも26人を殺した国家警察による暴力を非難するために、水曜日明け方から3日間に亘る全国的な結集が組織された。

 「自分たちの投票を守るために平和的な抗議という普遍的な権利を行使する市民に対して、軍、準軍事民兵組織と警察が行った卑劣な殺人、物理的な襲撃、迫害と攻撃に直面して」、野党同盟が呼びかけを発表した。

 同じ頃、エルナンデスは、支持者の忠誠に感謝するメッセージをツイッターに書き込んだ。「我々の選挙での勝利を祝う電話やメッセージに感謝する。我々は新しいホンデュラスの建設に向けて休むことなく働き続ける。」2009年の米国が支援したクーデターで排除され、野党同盟の候補者サルバドル・ナスラジャの支持においても重要な役割を担っている、マニュエル・セラヤ元大統領もツイートした。「軍の本部に面したオベリスクに明日午後3時に結集して、殺人、攻撃と人権侵害に強く抗議することを呼びかける。」

 木曜日に、野党同盟は、エルナンデスの勝利を「公式に認めた米国大使館へ抗議デモを行う予定である。金曜日午後6時(現地時間)に、野党はホンデュラス市民に全国の道路へ結集するように呼びかけた。

 ナスラジャは、選挙結果の発表が大幅に遅れた後、2%以下の僅差で敗れたことになっているが、月曜日にワシントンDCへ出かけて、米州機構の事務総長ルイス・アルマグロと会談した。アルマグロは選挙のやり直しを要求している。

 アルマグロは、選挙は不正が行われたと見られており、民主主義の国際基準に相応しくなるように選挙をやり直しすべきと、日曜日に発言した。

 先月の選挙結果を発表するのに最高選挙裁判所(TSE)が約1か月かかったという事実を別とすれば、この結果に関する野党の主要な関心は、技術的な問題でTSEシステムが長時間「故障」した後、エルナンデスが前に出始めてから結果が出されたことである。

 システムが回復した時、半分以上が開票されていた時点で5%以上リードしていたナスラジャを、現職大統領がじわじわと上回り始めた。専門家たちは、不正が行われたと主張している。

 ホンデュラスの選挙法によれば、野党は結果に対して裁判に提訴するために10日間の猶予がある。

 一方、メキシコはエルナンデスの再選を公式に認めた。ロイターによれば、米国と一緒に仲介された発表だった。

 その他の国際社会の国々が大変困惑している中で、グアテマラ、コロンビアとイスラエルの大統領も現職の支持を確認した。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Honduras-Opposition-Alliance-Summons-More-Street-Protests-20171220-0013.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM