ブラジル:労働法改革に抗議

  • 2017.11.11 Saturday
  • 06:34

ブラジルでは、労働法改革と年金改革に、今も、抗議が続けている。我が国の「働き方改革」も、労働者と労働組合の権利を切り縮めるものでしかない。


沢山のブラジルの人々が、ミシェル・テメル大統領の労働改革に抗議

(Thousands of Brazilians Protest Michel Temer's Labor Reforms)

2017年11月10日 teleSUR発

A protest against Temer

サンパウロの大聖堂の前で、ブラジルの社会保障制度改革へのテメルの提案に反対する抗議行動。|写真:CUT Brasil

 

ボックス・ポプリが木曜に発表した調査では、ブラジル国民の81%が新しい労働法を不可としている。

ブラジルの労働組合と社会運動は、ミシェル・テメル政府が提案した労働と年金の改革に反対して、ブラジル全国の24州で抗議行動を行っている。

 権利、主権と民主主義を防衛するために全国的な動員の日が呼びかけられ、弾力化労働法が土曜日に施行される前日に、デモ行進が行われた。

 社会経済統計研究部の分析によれば、条文の目的は、企業の保護を拡大し、労働者を保護されないままにしておくことである。

 「それは、労働を不安定な状態とし、労働組合の保護を減退させるか、阻み、労働者の権利を限定して企業の強制に対して労働者を無防備な状態にしておく行為を合法化する法律を作る。」と、ディエッセの指導者クレメンテ・ガンス・ルシオが述べた。

クリティバでは、少し前に、市の中心部で始まった。ボカ・マルディタで。#DerrubaReforma

 

ピアウイ州のテレシナでは、現地時間AM8時に抗議行動が開始され、リオ・グランデ・ド・スルでは、PM6時まで大きな行動や呼びかけられて終了する予定である。

 労働組合のフォーラムは、その声明の中で、それは定年制改革にも反対するものであり、その討議を行う会議を呼びかけたと、書いている。彼らは、「労働の概念を、奴隷と同じものへと変更する政府の法令」に反対である、述べている。

 ボックス・ポプリが木曜に発表した調査では、変更に賛成する者は僅か6%なのに対して、ブラジル国民の81%が新しい労働法を不可としている。

 ブラジルの南東地域では、その拒否は89%に高まり、南部では60%に減少する。

 その調査によれば、67%の国民が、新しい法令は、雇主々にだけ都合がよいと思われており、1%が労働者に有利だと考え、6%が双方にとって良いと考えている。(N)

原文URL:

https://www.telesurtv.net/english/news/Thousands-of-Brazilians-Protest-Michel-Temers-Labor-Reforms-20171110-0010.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM