ベネズエラ:制憲議会選挙は平和的に進む

  • 2017.07.31 Monday
  • 06:24

憲法制定国民議会の議員を選ぶ選挙は、朝早くからたくさんの人が投票所の並び、平和に行われているようです。この記事は、ツイッターの投稿記事から構成されているため、時々刻々変わります。これは現地時間PM3時頃の記事です。


ベネズエラ国民が、憲法制定国民議会の投票を行う:生中継更新中

(Venezuela Votes for National Constituent Assembly: Live Updates)

2017年7月30日 teleSUR発

Venezuelans head to the polls to cast their ballots.

投票するために投票所へ向かうベネズエラ市民。|写真:Twitter / @teleSURvzla

 

憲法制定国民議会は、この国の民主主義をさらに発展させ、反対派との緊張を和らげるのを助けることを意図したものである。

 全国の沢山のベネズエラ市民が、日曜日、憲法制定国民議会のための投票を行うために、夜明け前から長い列を作っていた。

 ラッパの目覚ましコールと花火の後、現地時間AM6時に投票所が開いた。

 ほぼ2,000万人のベネズエラ市民が、憲法制定国民議会の545名の議員を選ぶための選挙に登録されている。

 CNEの委員長ティビセイ・ルセナは、金曜日、指紋をベースとした投票プロセスは、「一有権者、一票」というルールを自動的に保証すると述べていた。このルールは、有権者が一度ならず投票することを禁じている。

 ルセナは、制憲議会の選挙プロセスは、国内および国際機関の監査を受け、最近の反対派による暴力的な抗議行動と選挙妨害の脅しがあっても、彼の組織はベネズエラ市民の投票する権利を保証し、守ると述べた。

 「我々は、我々には習慣になっている特別警備をベネズエラ国民に保証するために、警備対策を執り続ける。」とルセナがインタビューに答えた。

以下、最新情報が続く。

2:40 p.m.エフレイン・バロン、ペタレ市の有権者、「私は、ベネズエラの平和を保証するために投票に行く。学生と貧困者の権利を支持するために。

 

2:39 p.m.ANCの立候補者カルメン・メレンデスが、ララ州でANC有権者に挨拶する。

 

2:30 P.m.メキシコの人々が、憲法制定国民議会の代表を選ぶ参加型の民主的なプロセスに投票するベネズエラの人民への連帯を示す。

 

2:23 p.m.ANC立候補者カルメン・メレンデスが、ララ州のボリバル部門で有権者に挨拶する。

 

2:18 p.m.ベネズエラの外相サムエル・モンカダが、「ベネズエラの外では、今、起きていること、すなわち、この国の人民が自由を行使している事を否定しようとしている。」と述べた。

「合衆国から制裁を求められているベネズエラ国民は、困惑している。」

 

2:11 p.m.ベネズエラの防衛相ウラジミール・パドリノ・ロペスが、警備隊がANCの投票のために安全な環境を保証すると約束する。

 

1:54 p.m.ベネズエラ市民が、ANCの投票するために大勢で投票所へ行く。

1:51 p.m.ベネズエラ統一社会党の副大統領タレク・エル・アイサミが、投票所でANCのために投票する。

1:46 P.M.反対派は軍部に、公然とクーデターを呼びかけている。日曜日にANCに平和を求める投票を行う防衛相ウラジミール・パドリノ・ロペス。

原文URL:

http://www.telesurtv.net/english/news/Venezuela-Votes-for-National-Constituent-Assembly-Live-Updates-20170729-0024.html

コメント
ベネズエラの未来を決める憲法制定議会選挙には800万以上の熱意ある民衆が投票して、成功を収めましたね。
一方でU$Aに支えられた右翼野党はいつものように「投票したのは9%」と息を吐くように嘘をつき、暴力的破壊妄動を繰り広げ、欧米の政権やそのマスゴミもそれに同調して「野党は真実を語り、自由と民主主義の為に戦っている」とか「独裁化でより一層の混迷をもたらす」とか右翼野党と一体となって嘘のたれ流しに躍起になってますが、それに屈せず革命を前進させ、世界中が嘘を見破りベネズエラと連帯せねばなりません。
右翼野党と奴らを支持する欧米支配層、マスゴミに一言、

「嘘をつくな!!」
  • 痔憂は臭い
  • 2017/07/31 10:12 PM
一部の混乱を全土での抗議行動巻き起こるとの「国際社会」の扇動的報道につくづく嫌気がさします。革命を守り抜くために米国の経済封鎖や政治的介入に、取るべき手段を取り、行使して闘い抜こうとしているベネズエラ人民に連帯。
  • 戸舘あき子
  • 2017/08/01 3:29 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM