ウルグアイ:今年2回目のゼネラル・ストライキ

  • 2017.07.21 Friday
  • 06:25

ウルグアイで24時間ストが行われたという記事です。


ウルグアイの労働者がゼネラル・ストライキを開始、インフラを停止させる

(Uruguay Workers Launch General Strike, Halting Infrastructure

2017年7月20日 teleSUR発

Uruguayan workers organized their second strike this year.

ウルグアイの労働者が、今年2回目のストライキを組織した。|写真:PIT-CNT

 

行動は、タバレ・バスケス大統領が、公共投資を拡大させ、労働者の要求を支援するという彼の約束を果たすことを要求するために行われた。

 ウルグアイの最大の労働組合が、木曜日、24時間ストを開始し、全国の公共、民間のインフラを停止させた。

 病院、学校と交通機関が、国のいくつかの地域で利用できなくなる。水、電力と緊急のサービスは、影響を受けない。

 ほとんどの公立と民間の大学も閉鎖され、同じく国有と民間の銀行を閉鎖される。労働と社会保障省、教育文化省、経済財政省、国立図書館、市民登録、公共登録、宝くじといった公共事務所は、サービスを提供しない。

 PIT-CNT労働組合とともにストライキの組織者は、この行動は、タバレ・バスケス大統領政府が、公共投資の拡大と労働者の要求を支援するという約束を果たすことを要求するために行われたと、述べた。

 これは、今年、労働組合によって行われた2回目の全国抗議である。1回目は、先月実施された。

 「これは、例外なく、全支部が参加したストライキである。労働組合がいつもそうしているように、必須であるものと安全と健康に関連した必要なサービスは維持している。」と、フェルナンド・ペレイラPIT-CNT事務局長が話した。

 ストライキは、教育への投資拡大、集団交渉協定の尊重、障碍者の保護、失業保障と現在議会で審議されている税法の修正を要求している。

 「我々は、いくつかの段階進展があったことは認めているが、今は、停止していると見ている。」とペレイラが話し、ストライキのスローガンが、「停滞は、後退となる」を示した。

 「これは、明らかに要求を達成しようという意味を持つストライキである。」

 『運輸労働者組合』と『ウルグアイ医療労働者組合』もまた、このストライキに参加している。

 PIT-CNTには、現在、40万人以上の労働者が加入している。(N)

 

原文URL

http://www.telesurtv.net/english/news/Uruguay-Workers-Launch-General-Strike-Halting-Infrastructure-20170720-0010.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM