コロンビアに続いて、ウルグアイでも教員ストライキ

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 06:13

コロンビアの教員ストライキは、1か月経過してもまだ継続中です。ストライキなどの当たり前の民主的な権利を、教師自ら行使するすることによって、子供たちの民主的な権利意識を育てることにつながると思う。教育者が、教育予算の拡充を求めて闘うのは自然なことのように思う。


ウルグアイの教員は、コロンビアに続いて労働条件の改善を求めてストライキ

(Uruguayan Teachers Follow Colombia in Strike for Better Working Conditions)

2017年6月13日 teleSUR発

Schools close down during a 24 hour nation-wide strike in Uruguay.

ウルグアイの24時間全国ストライキの間、閉鎖された学校。|写真:AP

 

全国の学校が、教育の改善を進めようとの呼びかけで1日閉鎖された。

 教師たちのストライキは、ウルグアイの教師が労働条件の向上を要求する24時間抗議を実行したことで、ラテン・アメリカ全体に広がりつつある。

 小学校と中学校の職員並びに教員の組合は、予算の拡大を求める請願するために力を結集している。

 同様の行動は、1か月にわたってコロンビアで行われており、そこでは教師たちは、賃上げと予算の増額を求めている。

 ウルグアイの組合は、政府に、国内総生産(GDP)の6%を、公共教育国民管理(ANEP)と共和国の大学(UDELAR)に配分するように求めている。

 さらに、彼らは、研究開発、補助サービスの組織化と職場の安全向上のために1%の追加を要求している。

 中学校では、建物のメンテナンスだけでなく、あらゆる教育に関わるサービス全般の広がりに見合った給与の増額が期待されている。

 参加した教師の一人、カウンセラー・ラウラ・モタは、授業をキャンセルしたことに残念に思うが、この行動は、この国の教育の将来にとって必要な事だと思う、と話した。

 ストライキの指導者は、水曜日にデモを再開することを計画している一方で、大学生連合は、木曜日夜にデモ行進を呼びかけている。(N)

原文URL

http://www.telesurtv.net/english/news/Uruguayan-Teachers-Follow-Colombia-in-Strike-for-Better-Working-Conditions-20170613-0023.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM