ブラジル:占拠と賄賂でテメルを追い詰める

  • 2017.05.22 Monday
  • 06:20

テメル大統領の賄賂が暴露されて、テメルは窮地に立たされています。3500万人のゼネストに続いて、さらに、ブラジリア占拠という大衆動員の力によって、テメルの追い出しを求めています。大規模な大衆の力が無ければ、疑惑だらけの首相を追い出すことはできない。


ブラジリア占拠は、テメルの大統領を辞めさせようとする狙い

(Occupy Brasilia Aims to Bring an End to Temer's Presidency)

2017年5月20日 teleSUR発

Protests against Michel Temer.

ミシェル・テメルに抗議する人々。|写真:Reuters

 

テメルの辞任を求める声が、絶えず大きくなるのを避けようとしているにもかかわらず、テメルは、孤独でボロボロであることに気づく。

 彼の大統領カードが、風の中で激しく吹き飛ばされるように、王様の馬や兵隊総がかりで、事実上のブラジルの大統領ミシェル・テメルを捨てようとしている。

 この災難以前に、『ブラジル人民戦線』、その他の労働組合、『恐れを知らない人民』によって組織された多数の社会運動が、5月24日水曜日に、ブラジリア占拠と呼ばれるブラジリアの市民占拠へと大量の動員を呼びかけた。

 ブラジリア占拠に参加するその他の組織には、『中央統一労働組合』CUT、『土地無き労働者運動』MSTと『屋根なし労働者運動』MSTSがある。彼らの要求は、すべての労動法規改悪と年金削減案、国内企業と帯上の大きな土地の売却、それと、ブラジルを成熟したバナナ共和国へと作り替える、勝手気ままな、新自由主義的、資本家的な政策の停止である。

 ブラジリア占拠の組織者たちは、大きなデモンストレーションが、民主的に再選されたブラジルの大統領ディルマ・ルセフの追放を監督した大統領、テメル免職の決定的な瞬間となるという成功を見込んでいる。

 『ブラジル・デ・ファト』によれば、ビラジリア占拠は、テメルが一連の賄賂に関与したという盗聴が暴露される前に計画されていた。

 

 テメルの賄賂の関与に言及して、MSTのメンバーの一人、ホス・ロハは、「これは、容認できない。ブラジリアへの我々の旅は、これらの改革を決定的に止めさせようとする意図に加えて、テメルの免職と即座の民主的な選挙を求める要求が、重要なものとなる。」と話した。

 ブラジルの食肉会社JBSの所有者、ホスリ・バチスタは、金曜日、テメルが、2010年以来、彼の会社から賄賂を受け取っていたことを認めた。報告によれば、この年だけで、彼は、約100万US$をJBSから受け取っていた。さらに、ルセフの弾劾審理中に、オンラインの政治マーケティング費用として85,000US$を受け取っていた。

 また、この盗聴は、ブラジルの元下院議長だったエデュアルド・クンハに賄賂が支払われていたことをバチスタが打ち明けた時には、テメルが「いいかい、貰っとけよ」と支持したことを暴露している。テメルの大統領職を危険に晒すことなるかもしれない厄介な秘密について、これらの違法な支払を、クンハは口を噤んでいた。

 『ポピュラー・コンサルト』のメンバーの一人、リカルド・ゲブリムは、「イベントの現在の巡りあわせに、とてつもなく重大なものが加わり、決定的な役割を果たすことになる。」と繰り返し話した。さらに、即座の民主的な選挙を求める闘いにおいて、「決定的に重要な役割を果たすことになる。」と述べた。

 テメルの辞任を求める声が、絶えず大きくなるのを避けようとしているにもかかわらず、テメルは、孤独でボロボロであることに気づく。木曜日、パラナ研究所が、テメルの即刻の免職に賛成するブラジル国民が、87%となっていることを示す調査結果を発表した。同時に88%がテメルの弾劾、辞任、あるいは最高裁による罷免を支持している。(N)

原文URL:

http://www.telesurtv.net/english/news/Occupy-Brasilia-Aims-to-Bring-an-End-to-Temers-Presidency-20170520-0026.html

 

コメント
テメルは「汚職疑惑」を悪用して、ルセフ大統領を卑劣なクーデターで追放しましたが、自らの汚職で糾弾され、解任にまで追いやられようとしているのは、まさに(パウヨ産経が民進党攻撃する際によく使う)ブーメランですね(笑)
  • 痔憂は臭い
  • 2017/05/22 6:49 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM