トリニダード・トバコの労働組合が、ベネズエラ政府を支援

  • 2017.05.15 Monday
  • 05:44

ニカラグアの青年組織などの支援が広がっているが、ベネズエラ社会主義政府に対して、もっと世界中の連帯、支援が必要です。


強力なトリニダード・トバコの労働組合が、ベネズエラ政府に連帯を誓う

(Powerful Trinidad and Tobago Union Pledges Solidarity with Venezuelan Government)

2017年5月13日 teleSUR発

Venezuelan President Nicolas Maduro(L) greets supporters during a rally at the Miraflores presidential palace in Caracas, on May 11, 2016.

カラカスのミラフローレス大統領官邸で行進中の支持者に挨拶するベネズエラ大統領ニコラス・マドゥーロ。2016511日。カラカスで。|写真:AFP

 

戦闘的な労働組合が、ベネズエラ国民を悩ませている野党勢力を非難し、マスメディアが間違った情報を広めていると呼びかけた。

 トリニダード・トバコの石油関連労働組合は、木曜日、1か月続いている、ベネズエラで39人の死者を出した右翼野党によって引き起こされた暴力的な抗議行動をうけて、ベネズエラのニコラス・マドゥ―ロ大統領に連帯を表明した。

 「我々は、ベネズエラの野党勢力に反対する。我々は、ベネズエラの苦しんでいる、野党勢力が引き起こした行動で苦しんでいる人々と腕を繋ぎます。」と書記長のアンセル・ロジェットが、ポート・オブ・スペインにあるベネズエラ大使館に伝えた、とトリニダード・トバコの『ニュースデイ』が報道した。

 OWTUは、トリダード・トバコの最も強力な労働組合の一つである。他の3人の組合代表もまた、マドゥーロと彼の政府への支持を表明する声明を読み上げた。

 ロジェットは、彼らは、ベネズエラ政府、ベネズエラの人民とボリーバル革命への連帯を表明するために集まったのだ、と述べた。

 ベネズエラの野党は、沢山の国際的な主要メディアの支援を得て、その国の経済を破綻させた独裁者として非難し、政治的危機を解決するために選挙を要求して来た。一方、政府は、街頭での暴力を支援する野党を非難している。

 重要な野党リーダーたちは、反対の証拠があるにもかかわらず、国家弾圧の実例として、そして、2014年に右翼野党が指導したグアリンバス暴力事件と同じようなものとして、死者を描こうとしてきた。主要メディアは、「ベネズエラ体制の手は血塗られている」とか「ベネズエラの天安門の瞬間」のようなタイトルを使って、事件の新しいバージョンを大きく反響させている。

 

 「ストーリーは、適切に話されていなくて、マスメディアは、違った方向に持っていこうとしている。」とロジェットが話した。「マスメディアは、野党勢力、ベネズエラの闇の勢力の主張の線に持っていこうとしている。それは、民主的に選挙で選ばれた政府を避け、転覆させる目的へと向かう地獄の方向である。」

 木曜日、ベネズエラの野党リーダー、ユリオ・ボルゲスが、リマを訪れ、「民主計略」のより大きな国際的支援を補強しようと、ペルーの大統領ペドロ・パブロ・クチンスキ―と会った。ところが、ベネズエラ政府は、憲法制定議会だけでなく、対話と選挙を要請している。

 ロジェットは、マドゥーロが労働者の幅広い支持を得ていないことを示唆する、カリブ海地域全体でマスメディアによって広められた偽情報がある、と言う。ベネズエラの駐トリニダード・トバコ大使、コロモト・ゴドイ・カルデロンは、トリニダード・トバコの労働者階級の支持が得られて嬉しいと話し、マドゥ―ロが労働者階級の大統領であることを説明した。

 国際労働者の日の直前に、マドゥーロ大統領は、経済戦争の影響を受けている労働者を守るために、最低賃金を60%引き上げること、フードスタンプを15%増加させることを発表した。

 先週、マドゥーロは、野党との対話を支援していくことを再確認しながら、「国家の改造」という目的で憲法制定国民議会を呼びかけた。

 カルデロンは、新しい憲法制定議会の呼びかけは、「ベネズエラの民主主義と社会主義を守ること、社会的な一体性と社会正義を守ること」によって人民の権利をより深める、と述べた。

 17の野党は、政府とこの問題を討議するための会談を受け入れた。一方、MDU同盟(民主円卓会議)に所属する右翼政党は、まだ、この国の政治的な行き詰まりの民主的解決に関与することに疑問を投げかけており、政府と交渉の席に着くことを拒否している。

 「今、帝国主義の闇の勢力が、我が国を攻撃している。」とカルデロンは話した。「我々が、(ベネズエラの解放者)ボリーバルと(故元大統領ウーゴ)チャベスから始まっているとはいえ、必要とあれば、我々が、我が祖国、我が連帯、我が独立を、我々自身の命をかけて、守り抜く。」(N)

 

原文URL

http://www.telesurtv.net/english/news/Powerful-Trinidad-and-Tobago-Union-Pledges-Solidarity-with-Venezuelan-Government-20170513-0008.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM