ベネズエラ:右翼反政府派の行動は、単なる暴力と破壊活動へ

  • 2017.04.25 Tuesday
  • 05:54

右翼野党の反政府行動が、母子病院を襲撃したという記事です。もはや政治行動などではなく、単なる犯罪であって、どこからも支持されることなどあってはならない。


ベネズエラ市長が、抗議行動のさなか、暴徒が子供たちを焼き殺そうとした、と発言

(Venezuela Mayor Says Rioters Wanted to Burn Kids During Protest)

2017年4月22日 teleSUR発

Venezuela opposition protesters in Caracas.

カラカスの野党の抗議行動。|写真:Reuters

 

「この攻撃の背後にいる武装したテロリストと無法者は、卑怯者だ。」とカラカス市長ジョージ・ロドリゲスが、語った。

ジョージ・ロドリゲス、カラカスのボリーバル解放活動家の自治体市長は、抗議行動は、「子供たちを焼き殺そうとした」と主張して、地元の母子病院に対する最近の野党の攻撃を非難した。

 木曜日、右翼の抗議行動は、内部に54人の子供がいた、『ウーゴ・チャベス・ラファエル・フライアス母子病院』の医療施設を、燃えるゴミ、石と棍棒を使って攻撃した。子供たちは無事に避難したけれども、病院は深刻な被害を受けた。

 「この攻撃の背後にいる武装したテロリストと無法者は、卑怯者だ。」と、金曜日にこの攻撃に対応する平和的なデモ行進中、ロドリゲスが語った。

 「我々は、この攻撃を暴露するために、一人の人民であり、一人の革命家としてここにいる。」

 

 地元の消防署によれば、患者たちは救急車で避難し、28人の新生児は、首都にある別の病院へ移送された。6人の赤ん坊は、輸送される前に、安定した状態となっていなければならなかった。

 この病院で働いている人たちは、攻撃は、木曜日の午後9時に始まり、3時間近く続いた、と話している。

 また、ロドリゲスは、野党の政治家、ホセ・グエラ、トーマス・グアニカ、リカルド・ブランコとフレディ・グエバラを非難した。彼は、彼らをこの攻撃に責任のある「テロリスト」、「ファシスト」と形容した。4人の野党代議士は皆、全国で暴力的な右翼の抗議行動を積極的に支持し、それを求めていた。

 「昨日、我々が見たものは、国際機関が支援しているテロリズムの別の側面に過ぎない。」と、エル・バレの住民マニュエル・シルビランが話した、とVTVが伝えた。

 「彼らが、その病院で行ったことは、いつも思い出されるだろう。」

 過去3週間だけで、少なくとも22人の人々が、反政府抗議行動で亡くなった。(N)

 

原文URL:

http://www.telesurtv.net/english/news/Venezuela-Mayor-Says-Rioters-Wanted-to-Burn-Kids-During-Protest-20170422-0017.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM