ベネズエラ:世論調査は、野党が全く信頼されていないことを示す

  • 2017.04.16 Sunday
  • 06:28

OAS(米州機構)のベネズエラへの介入策動と同時に、ベネズエラ国内では、右翼野党の暴力行動が頻発しています。ベネズエラの世論調査は、国際介入や野党の暴力を明確に否定しています。


ベネズエラ野党は、暴力以上のビジョンを持っていない:世論調査

(Venezuela Opposition Has No Vision Beyond Violence: Pollster)

2017年4月15日  teleSUR発

Venezuelan opposition protesters attack a police officer in Caracas.

カラカスで警察官を攻撃するベネズエラの野党の抗議者。|写真:Reuters

 

ベネズエラの調査会社インターレース社によれば、90%のベネズエラ人は、暴力的抗議行動を否定している。

ベネズエラで進行している政治的不安を放送している主流メディア放送局は、この国の民主化を求めている平和を愛する進歩主義者として反対派の抗議行動を描いている。

 進行中の暴力には見て見ぬふりをしながら、これらの放送局は、野党が権力を握れば、ベネズエラがバラ色になるかのような絵を描いている。

 しかし、ベネズエラの独立調査会社の社長、オスカー・シェメルから見ると、野党は、暴力以上のビジョンを持っていない。

 「答えと解決策を求める国を前にして、野党は、(大統領ニコラス)マドゥ―ロを追放すること以上のなんの提案も出していない。」とシェメルは、最近の社説に書いている。「これは、彼らがチャベスにやっていたのと同じことだ。全く、役に立たない。」

 今月初め、インターレースは、ベネズエラ全国で世論調査を行い、ボリーバル革命、両党の間で高まる緊張についてどう思うかを住民に尋ねた。彼らが分かったことは、以下である。

 

■マドゥ―ロを権力から排除しようとしている国際的な介入を支持している、6%

■ベネズエラへの国際的な軍事介入を支持しない、87%

■右翼の暴力に反対する、90%

■対話に賛成する、83%

■この国の経済的問題を解決するためにこの対話を優先すべしと考える、67%

 

 

 インターレースの調査結果は、ベネズエラの調査組織メガナリシスによって行われ、先月、ベネズエラ国民の74.3%が右翼野党を信頼していないことを暴露する調査結果を発表した。

 「国民議会からは、残念ながら、何かを成し遂げられるという一連の期待は出てこなかった。」とベネズエラの政治科学のホセ・ビセンテ・カラスケロがメガナリシスの調査について語ったとエル・ヌエボ・エラルドが伝えた。

 カラスケロは、野党に支配された国民議会によってなされた、社会主義体制を転覆させるという約束について言及した。

 2015年のベネズエラの議会選挙、で国民議会の多数を占めてから、右翼野党の議員は、正当性を保とうと奮闘してきた。

MUDの中道派『人民の意志』と右翼『正義第一党』の間にイデオロギー的内部闘争があるだけでなく、野党議員は、与党ベネズエラ社会主義統一党によって提案された進歩的な法案を議事妨害したり、阻止したりして非難されてきた。

 これらの理由から、シェメルは、もし、野党が権力を握れば、彼らはベネズエラを統治するには、相当の困難な伴うことになる、と考えている。

 「国内および国際的極右にとって、彼らは、民意は言うまでもなく、共生や交代(政治権力の)を提案することはない。」とシェメルは、彼の社説に書いている。

 「正反対な事に、彼ら(野党)は、チャベス主義を破壊し、国民的な大衆文化を再構成し、(人民に)絶望を押し付けるために、ベネズエラ社会全体に混乱を作り出す戦略に夢中になっている。(N)

 

原文URL

http://www.telesurtv.net/english/news/Venezuela-Opposition-Has-No-Vision-Beyond-Violence-Pollster-20170415-0005.html

コメント
この右翼野党は、ビジョンを持っていますよ。
国を米国と多国籍企業に売り渡し、国民を奴隷化させるビジョンを。
それが分かっているから、野党は国民に支持されてないのでしょう。
種子法廃止や水道民営化など、ベネズエラ野党同様国を売り渡す事しかしない安部政権が未だに支持されている(マスゴミを寿司で操っているだけですが)日本とは違いますね。
  • 痔憂は臭い
  • 2017/04/16 5:42 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM