メキシコ:1848年に合衆国に奪われた領土の返還訴訟を準備

  • 2017.03.12 Sunday
  • 05:38

メキシコは、1848年に合衆国の軍事占領下で強制的に譲渡させられた、領土を取り戻す訴訟を準備しているが、国際司法裁判所に提訴できるか否かは、大統領にかかっている。


メキシコは、盗まれた土地を合衆国から返すように要求できるはず

(Mexico Could Demand Its Stolen Land Back from the US)

2017年3月10日 teleSUR発

Map of Mexico, including Yucatan and Upper (Alta) California.

ユカタンと上部カリフォルニアを含むメキシコ地図。|写真:Public domain

 

合衆国は、1848年に、合衆国の領土となっている50%にあたる領土を、メキシコから強制的に譲渡させたことを認めた。今、一人の弁護士が、その協定を無効にしようとしている。

 一人のメキシコ人政治家が、金曜日、メキシコにその50%以上の領土を合衆国に引き渡すことを強制している、協定の破棄を求める要求を提訴した。

 その要求は、公式には『アメリカ合衆国とメキシコ共和国間の平和友好、境界と譲渡に関する協定』と呼ばれている協定で譲渡した、カリフォルニア、ニューメキシコ、アリゾナ、ネバダ、ウタとコロラドの一部、ワイオミング、カンサスとオクラホマ州を取り戻そうというものである。

 元メキシコ大統領候補で社会民主党の設立者キュアテモク・カルデナスと弁護士グジャーモ・アドマンは、合衆国の軍事占領下で強制された、1848年のグアダルペ・イダルゴ協定を無効とするために許されるいくつかの法的な異議を申し立てた。

 法的な論争の一つは、合衆国がメキシコに対してその協定にサインするように圧力をかけたことである、とアドマンは話した。彼の要求には、当時の大統領で「国民の裏切り者」アントニアオ・ロペス・デ・サンタ・アナが署名を強制されたという合衆国兵士の自白を含んでいる。

 

 もし、この要求が失敗したら、その時には、メキシコは、過去168年の譲渡によるこれらの領土の使用の補償を合衆国に求めることになる。

 この裁判は、最終的には、国際司法裁判所へ提訴されることになるが、アドマンによれば、メキシコ大統領エンリケ・ペーニャ・ニエトの承認にかかっている。彼は、沢山のメキシコ人の参加を招請して、大統領府へのデモ行進を行い、大統領にその文書を渡す準備をしている。(N

原文URL:

http://www.telesurtv.net/english/news/Mexico-Could-Demand-Its-Stolen-Land-Back-from-the-US-20170310-0020.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM