メキシコ:農民がモンサントのGMOトーモロコシに抵抗

  • 2017.02.01 Wednesday
  • 05:29

トーモロコシの発祥地のメキシコで、モンサントの遺伝子組み換えトーモロコシの商業作付けを裁判所が禁止しているという記事です。


モンサントが、メキシコで何年にも渡るGMOトーモロコシに対する抵抗にあっている

(Monstanto Faces Years of Resistance Against GMO Corn in Mexico)

2017年1月30日 teleSUR発

A demonstrator carries a basket with corn cobs during a protest march against Monsanto in Mexico City, May 21, 2016.

モンサントに抗議するデモ行進で、トーモロコシの穂軸を籠に持つデモ参加者。2016年5月21日。メキシコシティで。|写真:Reuters

 

モンサントのメキシコでの主な業務は、伝統的な種子の開発と販売であるが、会社は、遺伝子組み換えした作物を推進していくことを決定した。

メキシコで遺伝子組み換え作物の植え付け禁止は、ゆっくりとした法律的な闘いとして何年も続きそうだ、と合衆国に拠点を置く種子と農薬の会社モンサントの社長が発言した。

 先週、メキシコの裁判所は、環境への影響を巡る法的な闘いでGMOトーモロコシの準備計画を一時停止させた、2013年の判決を守った。

 モンサントの現地法人社長ラウラ・タマヨがインタビューに答えて、会社が、禁止に対して何か進めることが出来るようになるには、「何年も」かかりそうだと答えた。

 メキシコは、主食であるトルティージャを作るのに使われてきた白トーモロコシを自給自足しているが、家畜用には合衆国産のGMO黄トーモロコシの輸入にほとんど依存している。

 数年前、モンサントは、メキシコで2件のGMOトーモロコシの商業作付けを申請した。2件は、この国の最大のトーモロコシの生産地である、北西にあるシナロア州で170万エーカーを探し求めた。2件の申請は、未だにモンサントにとっては保留状態となっている。

 メキシコは、近代トーモロコシの発祥地で、8,000年前から栽培されていて、今日、世界で最大の収穫量を誇っている。

 遺伝子組み換えのトーモロコシは、古くからの土着の多くの品種を汚染すると批判されていて、

害虫からGMO食物を守るように開発されたその毒は、昆虫の殺傷の拡大に結び付くと批判されている。(N)

原文URL:

http://www.telesurtv.net/english/news/Monstanto-Faces-Years-of-Resistance-Against-GMO-Corn-in-Mexico-20170130-0006.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM