メキシコ:ガソリナッソの闘いは、さらに拡大か

  • 2017.01.17 Tuesday
  • 05:08

メキシコのガソリン価格の値上げの大衆的な抗議が高まる中、昨年、政府の教育改革に反対して長期のストライキを実施した教員組合が、その抗議に加わったという記事です。


CNTE教員組合が、メキシコのガソリンナッソに対する闘いに加わる

(CNTE Teachers Union Joins Struggle Against Mexico's Gasolinazo)

2017年1月15日 teleSUR発

Protesters march during a demonstration in downtown Mexico City against the rising prices of gasoline implemented by the Mexican government.

メキシコ政府によって実施されたガソリン価格の値上げに反対してメキシコ・シティの繁華街をデモ行進する抗議者たち。|写真:Reuters

 

この動員の決定は、前回の総会での投票に従ったものだ。

 労働組合に組織された教育労働者が、ガソリナッソに対する最近の数週間の大衆闘争に火をつけたガソリン価格の急激な値上げに抗議するために、土曜日、全国的な行動を開始した。

 メキシコの大きな教員組合CNTEの一つである、第22セクションに組織された教員たちが、組合活動が活発な37の区域でおこなわれているエネルギー改革(ガソリン価格の値上げの責任がある)に反対する結集を開始した、とポチュトラの組合指導者エクター・キュエト・ロペス教授が述べた。

 この市では、教員たちは、現地時間AM8時にデモ行進を行い、改革に反対する他の社会組織や政治運動と一緒に政治集会を行った。

 この動員の決定は、前回の総会での投票に従ったもので、「人民を殺そうとする構造改革」に反対する決議は承認されている、とリーダーは話した。「我々は、この国が危機の中を進んで、彼らが新しい経済へと合わせようとするならば、国家役人の不正とも闘うつもりだ。」

 1月1日に有効となった燃料価格の2桁の値上げに抗議するために、過去1週間以上にわたって全国の都市で、数万人の人々が道路を埋めた。この値上げによって、トルティージャのような日常の主食の価格が最大20%引き上げられてしまうかもしれない。

 抗議が発生してから、警察と抗議間の衝突と略奪行為で6人が死亡し、1,500人が逮捕され、420の企業が影響を受け、幾つかの道路が封鎖された。

 メキシコの大統領エンリケ・ペーニャ・ニエトは、この価格の引き上げは、国際市場の結果であって避けられないものであり、国有の石油会社ペーメックスの独占を徐々に崩し、メキシコの石油産業の民営化を進めようとしている彼の新自由主義的改革のせいではない、と主張している。(N)

原文URL:

http://www.telesurtv.net/english/news/CNTE-Teachers-Union-Joins-Struggle-Against-Mexicos-Gasolinazo-20170115-0024.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM