メキシコ:ガソリン価格の引き上げに対する抗議がさらに拡大

  • 2017.01.09 Monday
  • 05:54

僅か4リッターのガソリンが、1日分の最低賃金とは。メキシコでは、今年1月から最低賃金が引き上げられ、1日約80ペソ(448円)とされた。


メキシコのガソリン値上げをめぐる1週間続いた抗議行動は、25州に拡大

(Mexico's Week-Long Protests Over Gas Hikes Spread to 25 States)

2017年1月8日 teleSUR発

Protesters march during a demonstration against the rising prices of gasoline enforced by the Mexican government at downtown in Mexico City

メキシコ・シティの繁華街で、メキシコ政府によるガソリン価格に引き上げに反対してデモを行う抗議者たち。|写真:Reuters

 

メキシコ政府の新自由主義的政策に対する大衆の抗議行動は、8日目の日曜日を迎えた。

メキシコのガソリン価格の値上げに対する抗議行動の新しい波は、日曜日に開始されると予定されていて、全国的な結集は第2週目に突入し、少なくとも25州に拡大した。

 日曜日、国内と連邦区にある31州のうち15州で数千人がデモを行った。そのうち最大のものは、20,000人が集まったプエブラ州で、グアナファトで5,000人、タパチュラで1,000人となっている。

 1月1日に抗議行動が発生してから、警察と抗議者間の衝突と略奪で、6人が死亡し、1,500人が逮捕され、420の企業に影響を与え、幾つかの道路が封鎖された。

 エンリケ・ペーニャ・ニエト大統領のメキシコ政府は、12月の最終週に、ガソリン価格を20%、ディーゼル価格を16%引き上げると発表していた。ペーニャ・ニエトは、この価格の値上げは

、取り得る唯一の選択肢であり、国際価格に対応したコストの変化であって、新自由主義改革の結果ではない、と述べていた。

 

 

 

 しかしながら、ペーニャ・ニエトが国際価格をあげたけれども、「グローバル・ペトロール・プライス」の報告によれば、世界の40か国ではガソリン価格を引き上げてはいない。さらに7か国では値下げしている。

 同組織によれば、メキシコのガソリンとディーゼルの値上げは、世界で5番目の高さであり、トップはジンバブエの32.7%、エジプトの30.6%、ジョージアとマレーシアが20.6%である。

 メキシコでの変更によって、プレミアム・ガソリンの1リッター当たりの平均価格は、ほぼ1ドルに引き上げられた。これは4リッター、約1ガロンが、メキシコの1日の最低賃金約4ドルに匹敵することになる。これは、大統領のエネルギー改革が、ガソリンとディーゼルの価格を引き下げると約束したという事実に反している。(N)

原文URL:

http://www.telesurtv.net/english/news/Mexicos-Week-Long-Protests-Over-Gas-Hikes-Spread-to-25-States-20170108-0011.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM