ベネズエラ:米国の封鎖による致命的な影響を全世界の人民に呼びかけ

  • 2020.10.13 Tuesday
  • 05:03

対封鎖法が制憲国民議会で承認された。


マドゥーロ:米国の封鎖は少なくとも40万人の犠牲者を出している

President Maduro:US Blockade on Venezuela Has Cost at Least 400.000 Deaths

2020年10月11日 teleSUR発

President Nicolas Maduro during a press conference from Miraflores Palace on October 11, 2020.

2020年10月11日、ミラフローレス・パレスから記者会見するニコラス・マドゥーロ大統領。|写真:EFE/Prensa Miraflores

 

5年間、封鎖はベネズエラの資金調達を遮断することに成功し、食料、医薬品、スペアパーツや経済活動に不可欠な原材料を購入するために必要な資金を入手することを妨害している。

 ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領が土曜日、公開書簡で世界の人々に呼びかけ、約20年間同国に米国政府が課している違法な封鎖を非難した。

 最近の5年間、「封鎖はベネズエラの資金調達の遮断に成功し、食料、医薬品、スペアパーツや経済活動に不可欠な原材料を購入するために必要な資金を入手することを妨害している。」とマドゥーロは説明した。

 さらに、「米国はベネズエラの主要な輸出商品であり、財政収入源である炭化水素の商業化を禁止することを布告した。」と大統領が続けた。

 この南米の国に対する敵対が拡大する中で、ベネズエラの制憲国民議会は10月8日、国家の発展とベネズエラ人民の権利を保障するための対封鎖法を承認した。これは住民の幸福と経済に対する連続した攻撃から市民を保護することを目的としている。

 そうした意味で、マドゥーロはこの法律は「国民の収入を改善するメカニズムを創設することを可能にするものだ。」と説明した。さらに、国内の経済活動を刺激し、生産的な同盟を実行する。

 米国の経済政策センターは封鎖が同国で「少なくとも40万人の死に責任がある。」ことを明らかにしたが、書簡では米国の封鎖の致命的な影響を強調している。

 米国政府がベネズエラの選挙プロセスの信用を落とそうといろいろなことを試みているが、中央選挙評議会に90%以上の政党が登録しているので、2020年12月6日に実施するための民主的な条件が整ったとマドゥーロ大統領が説明した。

原文URL:

https://www.telesurenglish.net/news/US-Blockade-on-Venezuela-Has-Cost-at-Least-400.000-Deaths--Letter-20201011-0009.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

趣旨

今、ラテンアメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM