ベネズエラ:今度は食料品を積んだイランの貨物船が到着

  • 2020.06.24 Wednesday
  • 04:17

イランの貨物船がベネズエラ海域に入る

Irans Cargo Ship Enters Venezuelas Waters

2020年6月22日 teleSUR発

Iran's 'Golsan' cargo ship approaching Venezuelan waters. June 22, 2020.

ベネズエラ海域へ接近するイランの貨物船「ゴルサン」。2020年6月22日。|写真:Twitter/ @ASBMilitary

 

すでに5隻のイランのタンカーがベネズエラの港へ150万バレルの燃料を持ち込んでいる。

 カラカスのイラン大使ホジャット・サルタニが、この南米の国で最初のイスラム共和国のスーパーマーケットを開くための食料品を積んでベネズエラ海域へ「ゴルサン」船が到着したことを確認した。

 「5月15日にイランのバンダル・アッバス港を出発した船がすでにベネズエラのラ・グアイラに接近している。」とサルタニが話した。

 テヘランとカラカス間の協定の一環として、ベネズエラにおけるペルシャ国の最初の商業センターに供給する商品を積んで「ゴルサン」が到着する。

 すでに、5隻のイラン・タンカーがベネズエラの港へ150万バレルの燃料を持ち込んでいる。

 製油所機能の破綻とこの南米の国に対する米国の過酷な措置が強化される中で、イランの燃料タンカーが南米の国へ届けられた。

 イランは1ヶ月に2,3回ベネズエラへガソリンを提供する予定である。

 「ゴルサンの到着とショッピングモールの開設はテヘランとカラカス間の友好的で兄弟的関係のもう一つの成功である。」とサルタニが話した。

 この南米の国はワシントンの封鎖と嫌がらせのためにガソリンの不足に苦しんでいる。

 世界貿易機構の規則が遵守される限り、いかなる国と貿易することも権利であるとイスラム共和国は話している。

原文URL:

https://www.telesurenglish.net/news/irans-cargo-ship-enters-venezuelas-waters--20200622-0001.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

趣旨

今、ラテンアメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM