ベネズエラ:通信会社倉庫がテロ攻撃される

  • 2020.02.11 Tuesday
  • 05:02

ベネズエラがカンTV、モビルネット・テレコムへのテロ攻撃を非難

Venezuela Denounces Terrorist Attack Against Cantv Movilnet Telecom Warehouse

2020年2月9日 teleSUR発

The fire engulfed seven buildings located in the industrial area of the city.

市の工業地帯に位置している7つの建物を火が飲み込んだ。|写真:@DrodriguezVen

 

カンTVは必要な行動をとり、すべてのベネズエラ国民の通信を確保することに全力を尽くすと今週日曜日に繰り返し述べた。

 日曜日、ベネズエラ政府が、戦略的通信機器の全損失を引き起こした、北部カラボボ州にあるベネズエラ国営電話会社(CanTV)とその子会社モビルネットの倉庫に対するテロ攻撃を非難した。

 カラボボ州バレンシアのフロール・アマリージャ地区で攻撃があり、倉庫で火災が発生したとデルシー・ロドリゲス副大統領が日曜日夜発表した。

 「ベネズエラ大統領ニコラス・マドゥーロはこの絶対必要な資材の即時返還と犯人の逮捕を命じた!」と彼女は続けた。

 ツイートには、この市の工業地帯にある7つの建物で構成されている、火災に遭った設備を示す写真が添えられていた。

 一方今週日曜日に、カンTVは必要な行動をとり、ベネズエラ国民すべての通信を確保することに全力を尽くすと繰り返した。

 ロドリゲスは、米国に支援された野党による過激な暴力に直面して、両社の労働者が復旧計画を国家首脳に提出する予定だと述べた。

 「我々はベネズエラの通信サービスに対するテロ攻撃を拒絶する。カンTVとモビルネットを攻撃することは我が人民に対する戦争行為である。」とベネズエラ科学技術人民権力省大臣ガブリエラ・ヒメネスが話した。

 ベネズエラ政府は、サービスを妨害し、混乱を生み出す米国主導の野党による失敗したテロ攻撃をその都度非難してきた。2019年の最も目立った攻撃は3月と6月のこの国の電力網に対する連続攻撃で、全国で大規模な停電を引き起こした。(N)

Venezuela's blackout is the latest in the US siege on the country.

teleSUR Englishさんの投稿 2019年3月8日金曜日

原文URL:

https://www.telesurenglish.net/news/Venezuela-Denounces-Terrorist-Attack-Against-Cantv-Movilnet-Telecom-Warehouse-20200209-0009.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

趣旨

今、ラテンアメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM