ボリビア:クーデターを実行したファシストの正体

  • 2019.11.21 Thursday
  • 04:43

今年5月の在米ベネズエラ大使館の防衛に関連して不当逮捕された『グレーゾーン』のジャーナリスト、マックス・ブルメンタル氏らの記事を紹介します。AxisOfLogicに掲載されていた記事です。


ボリビアのクーデターは外国の支援を得た、キリスト教徒でファシストのリーダーと大富豪が指揮したもの。

Bolivia coup led by Christian fascist paramilitary leader and millionaire – with foreign support

2019年11月13日 AxisOfLogic(By Max Blumenthal and Ben Norton | The Grayzone)発

ボリビアのクーデターのリーダー、ルイス・フェルナンド・カマーチョはサンタクルス地域のファシスト運動から出てきた極右の大富豪である。そこは米国が分離主義を奨励していたところである。彼はコロンビア、ブラジルとベネズエラ野党の支持を引き出した。

 エボ・モラレスが11月10日に突然辞任した後、数時間以内に、ルイス・フェルナンド・カマーチョが放棄された大統領官邸へなだれ込んできた時、社会主義者で先住民の指導者が前進させてきた多民族の精神と硬直した反目の上に立っていたこの国の一側面を世界に明らかにした。

 片手に聖書、反対の手に国旗を持って、カマーチョは大統領の印の上に頭を下げて祈り、政府からこの国の先住民族の遺産を追放し、「燃やされた神殿に神を戻す」という誓いを成し遂げた。

 「パチャママは決して神殿に戻らない。」と彼は言い、アンデスの母なる大地の精神に言及した。「ボリビアはキリストのものだ。」

クーデターの後、ボリビアの大統領宮殿に聖書と共にいる極右のボリビア野党指導者ルイス・フェルナンド・カマーチョ。

 

 ボリビアの軍指導部による辞任要求の後、右翼野党過激派はその日、左翼のエボ・モラレス大統領を打倒した。

 民主的な選挙では一度も勝ったことが無く、実際には外国では全く知られていないカマーチョが空っぽの中へ踏み込んだ。彼はパナマペーパーにも名前が挙がる強大な大富豪で、サンタクルスの分離主義地域のボリビアの富裕層を基盤として持ち、人種差別的暴力で悪名高いファシスト民兵によって訓練されたウルトラ保守のキリスト原理主義者である。

 カマーチョは、ボリビアに豊富に埋蔵されている天然ガスから永い間利益を挙げてきた企業エリート家族の出身である。そして、モラレスが広範な社会プログラムの資金のために同国の資源を国有化した時、彼の家族は資産の一部を失った。その社会プログラムは貧困を42%、極貧を60%削減した。

 クーデターを準備するために、カマーチョはモラレスを不安定化させる計画を討議するためにこの地域の右翼政府の指導者と会談していた。反乱の2か月前、感謝の気持ちをツイートしていた。「有難う、コロンビア!有難うベネズエラ!」と彼は叫び、ファン・グアイドのクーデター作戦に挨拶した。彼はまたジャイル・ボルソナロの極右政権にも挨拶し、「ブラジル有難う!」と述べた。

 カマーチョは永年『フベニル・クルセニスタ連合』(Unión Juvenil Cruceñista)と呼ばれている公然のファシスト分離主義者を率いて来た。

 カマーチョと右翼勢力はクーデターの背後で用心棒を務めていたが、彼らの政治同盟は利益を受けることを待ちわびていた。

 10月の選挙のボリビア野党の大統領候補カルロス・メサは、ワシントンと広い繋がりを持つ「産業界寄り」の民営化推進論者である。ウィキリークスが明らかにした米国政府の情報では、モラレスを不安定化する取り組みにおいて彼が恒常的にアメリカ高官と協力していたことが暴露されている。

 メサは、米国政府のソフトパワーの武器USAID、幾つかの石油大企業とラテンアメリカにおける多国籍企業のホストによって設立されたDCに拠点を置くシンクタンク、『インターアメリカン・ダイアログ』の専門家として登録されている。

 強力な草の根政党『社会主義運動』の指導者になる前には、社会運動で有名になった元農民であるエボ・モラレスは、ボリビアで最初の先住民族の指導者だった。国内で多くの先住民族や農民コミュニティから広範な支持を得て、13年間、多くの選挙や民主的な国民投票で勝利し、圧勝も度々だった。

 10月20日、第一ラウンドで野党大統領候補メサを破るちょうど10%の差をつけて、モラレスは60万票以上の差をつけて再選された。

 ボリビアの公開されている入手可能な投票データを統計的に分析した専門家たちは、違反や不正行為の証拠を発見できなかった。しかし、野党はそうではないと主張し、数週間の間、街頭に出て抗議行動と暴動を繰り返した。

 モラレスの辞任を引き起こした出来事は間違いなく暴力だった。野党の右翼ギャングは与党左翼MAS党出身の選出された沢山の政治家を攻撃した。それからモラレス大統領の自宅を荒らしまわり、その他の数人の議員の自宅を焼き払った。一部の政治家の家族が誘拐され、辞任するまで人質とされた。社会主義者の女性市長は暴徒によって公然と拷問された。

 モラレスの強制退去に続いて、クーデターの指導者は政府の選挙機関の議長と副議長を拘束し、その組織のその他の職員を強制的に辞任させた。カマーチョの支持者たちは、先住民族の住民とモラレスの多民族ビジョンを象徴するウィファラ(Wiphala)の旗を燃やし始めた。

 ラテンアメリカの反共右翼国の同盟として冷戦中にワシントンが設立した親米組織である米州機構は、ボリビアのクーデターにゴム印を押すのを助けた。証拠を挙げることも無く、10月20日の選挙には沢山の不正があったと主張して、再選挙を要請している。その後、モラレスが軍に打倒され、彼の政党の議員が攻撃され、暴力的に辞任を強制されていることに関して、OASは沈黙したままである。

 翌日、ドナルド・トランプのホワイトハウスはクーデターを熱烈に称賛し、「民主主義のための重要な瞬間だ」、「ベネズエラとニカラグアの違法な体制への強いサインだ。」と喧伝している。

 

【陰から暴力的な右翼の暴動へと浮上】

 カルロス・メサは野党の暴力をこわごわ非難したが、カマーチョはそれを扇動し、国際選挙監視団の要請を無視し、政府からモラレスのすべての支持者を追放する最大限の要求を強調した。彼が野党の本当の顔であり、メサの穏健な姿の背後に数か月隠れていた。

 サンタクルスという分離主義者の拠点出身の40歳の大富豪ビジネスマンであるカマーチョは立候補したことが無い。ベネズエラのクーデターのリーダー、ファン・グイアドのように、米国が暫定「大統領」として彼を指名するまで80%以上のベネズエラ国民はその名前を聞いたことが無かったが、カマーチョはボリビアでのクーデターの陰謀が成功するまで無名の人物だった。

 彼は2019年5月27日に始めてツイッター・アカウントを作った。数か月間、彼のツイッターは無視され、3,4回のリツイートと「いいね」しかなかった。選挙の前、ウィキペディアにはカマーチョの項目はなく、スペイン語や英語のメディアで彼のプロフィールを紹介したものはほとんどなかった。

 カマーチョは、ちょうど20人が視聴したツイッターのビデオ投稿で7月9日にストライキの呼び掛けを発していた。ストライキの目標はボリビアの選挙組織、最高選挙裁判所(TSE)を辞任に追い込むことだった。言い換えれば、カマーチョは大統領選挙の3か月以上前から政府の選挙当局を辞任させようと圧力を掛けていた。

 カマーチョが脚光を浴び、地元右翼ネットワークのウニテル、テレムンドやCNNスペイン語版のような企業メディアによって有名人に持ちあげられたのは選挙後のことだった。

 突然、カマーチョのモラレスの辞任を呼びかけるツイートが数千のリツイートを得て照らし出された。

 ニューヨークタイムズやロイターのような主要報道機関が続いて、ボリビア野党の「リーダー」として選ばれてもいないカマーチョを選定した。しかし、彼が国際的な注目を集めた時でも、極右活動家としての経歴の重要な部分は省略された。

 隠されたまま残されたことは、人種差別の暴力とビジネスのカルテル、および地域全体の右翼政府を求める悪名高いキリスト教過激派民兵組織との深くしっかりと確立されたカマーチョの関係だった。

 それはファシストの民兵組織であることと、カマーチョの政治感覚が形成され、クーデターのイデオロギー的な輪郭を規定したサンタクルスの分離主義的な雰囲気である。

ルイス・フェルナンド・カマーチョの出発点であるボリビアのファシスト青年組織『フベニル・クルセニスタ連合』(UJC)の幹部たち。

 

【フランソワ・スタイルのファシスト民兵組織の幹部】

 ルイス・フェルナンド・カマーチョは、モラレスに対する暗殺計画に関与したファシスト民兵組織、サンタクルス青年連合(UJC)によって育てられた。このグループは左翼、先住民族の農民、ジャーナリストを攻撃することで悪名高い組織であり、人種差別と同性愛嫌悪のイデオロギーを深く信奉していた。

 2006年にモラレスが大統領に就いて以来、UJCはメンバーが悪魔の先住民集団に乗っ取られたと信じて、国からの分離運動を進めてきた。

 UJCは、スペインのファランヘ党、インドのヒンズー至上主義者RSSやウクライナのネオナチのアゾブ隊のボリビア版である。そのシンボルは西側のファシスト運動のロゴと強い類似性を持つ緑十字である。

 そして、そのメンバーはナチスタイルのジーク・ハイルの敬礼をすることで有名である。

 ボリビアの米国大使館でさえ、UJCメンバーを「人種差別主義者」や「過激派」と表現しており、「MAS支持/政府支持の人民や施設を度々攻撃している」と指摘している。

 2007年にジャーナリストのベンジャミン・ダングルがUJCメンバーを訪ねた後、彼はサンタクルス分離運動の「ブラスナックル」(格闘技などで指にはめて使う金属製武器)と彼らを表現した。「ウニオン・フベニルは、ガスの国有化を求めて行進する農民たちを叩きのめし、自治を求める学生組織に石を投げ、国営TV局に火炎瓶を投げ、土地の独占に反対して闘っている土地なし運動のメンバーを残虐に攻撃したことが知られている。」とダングルが書いている。

 「我々は力で我々の文化を守らなければならない時には、そうする。」とUJCのリーダーがダングルに話している。「自由の防衛は生活よりもずっと重要だ。」

『フベニル・クルセニスタ連合』の武装したメンバー。

 

 2002年にカマーチョはUJCの副大統領に選ばれた。その時彼はちょうど23歳だった。彼は家族のビジネス帝国を作り上げ、親サンタクルス委員会の出世階段を上るためにその組織を離れた。ブランコ・マリンコビッチという名前のクロアチア系ボリビア人のオリガーキーで、分離主義運動の最も強力な人物の一人の下部組織へ連れていかれたのはその組織だった。

 8月に、「偉大な友人」マリンコビッチと一緒に写った写真をツイートした。この友情は右翼活動家としての資格を確立し、数か月後に形になるクーデターの基礎を築くために重要だった。

 

【カマーチョのクロアチア人ゴッドファーザーと分離主義者の影の実力者】

 ブランコ・マリンコビッチは、エボ・モラレス政府によって彼の土地の一部が国有化された後、右翼野党に対する支持を強めた大土地所有者である。親サンタクルス委員会の議長として、ボリビアにおける分離主義運動の主要な原動力の作戦を監督していた。

 2008年のマリンコビッッチ宛の手紙の中で、国際人権連盟は「ボリビアの人種差別と暴力の活動家であり推進者」としてその委員会を非難していた。

 人権グループは、「その態度および分離独立主義者、連邦主義的、人種差別的な言説、さらに主要な推進者の一つである親サンタクルス市民委員会が軍隊へ不服従を呼びかけていることを非難する」と続けた。

 2013年に、ジャーナリスト、マット・ケナードは米国政府がボリビアのバルカン化(小国乱立)とモラレスの弱体化を促進するために親サンタクルス委員会と密接に協力していると報告した。「彼ら(米国)が伝えたことは、どうやってコミュニケーションの経路を強化できるかということだった。」と委員会の副議長がケナードに話している。「大使館はコミュニケーションの分野で我々を助けてくれたと言い、彼らは自分たちのアイディアを提唱する一連の出版物を持っていた。」

マリンコビッチに関する2008年のプロフィールで、ニューヨークタイムズはそのオルガルヒがサンタクルスの分離主義運動の過激主義の底流を取り仕切っていることを知っていた。それには「その地域はボリビア社会主義ファランヘ党のような公然たる外国人排斥の拠点であり、その空中へ手を上げる挨拶は元スペインの独裁者フランコのファシスト・ファランヘ党からヒントを得たものだ」と書かれている。

 ボリビア社会主義ファランヘ党は、冷戦中にナチの戦争犯罪者クラウス・バルビーに安全な避難所を提供したファシスト・グループである。元ゲシュタポの拷問専門家であるバルビーは、CIAによってコンドル作戦を通じて別の目的で利用され、大陸の共産主義者を根絶すことを援助した。(ドイツ国家社会主義のようなその古風な名前にもかかわらず、この極右の過激派グループは暴力的な反左翼で社会主義者を殺すことに全力を傾けていた。)

 ボリビア・ファランヘ党は、その指導者ウーゴ・バンセル・スアレス将軍がファン・ホセ・トーレス・ゴンサレス将軍の左翼政府を追放した1971年に権力に就いた。ゴンサレス政府は産業を国有化することによって産業界のリーダーたちを激怒させ、CIAの機関の一つと見た和平部隊を追い出したことによってワシントンと敵対していた。ニクソン政権は即座に両手を広げて歓迎し、この地域における社会主義の広がりに対する重要な防波堤として彼に機嫌を取った。(特に皮肉な1973年の報告書でヘンリー・キッシンジャー国務長官はノーベル平和賞受賞のお祝いにベンセルに感謝を伝えていることがウィキリークス上に見られる。)

 モラレスの時代にもUJCのような組織や、マリンコビッチやカマーチョのような人物を通して運動のプッシストの遺産が残っていた。

 タイムズはマリンコビッチもUJCの活動を支援していると指摘し、「マリンコビッチが率いる委員会の半ば独立した軍隊」とこのファシスト・グループを表現している。UJC役員のメンバーの一人はインタビューで米国の新聞に「我々は自分の命を懸けてブランコを守る。」と述べている。

 マリンコビッチはサンタクルスの極右組織に馴染みのある種のキリスト教徒の民族主義的な言葉を信奉しており、例えば、「真実を求める十字軍」を呼びかけたり、神は自分の味方だと主張していた。

 このオリガルヒの家族はクロアチア出身で、2重国籍を持っている。マリンコビッチは彼の家族がクロアチアの強力なファシスト・ウスタシェ運動に関係していると噂されていることに永年悩まされてきた。

 ウスタシェは第2次世界大戦で公然とナチ・ドイツの占領者に協力した。彼らの後継者は元ユーゴスラビアから独立を宣言した後、権力に復帰した。元社会主義国だったユーゴスラビアはNATOの戦争によって意図的にバルカン化された。全く同じようにマリンコビッチはボリビアがそうなることを望んでいた。

1941年のウスタシェの設立者アンテ・パヴェリッチと会うドイツ人フューラー・アドルフ・ヒトラー。

 

 マリンコビッチは彼の家族がウスタシェの一員であることを否定していた。ニューヨークタイムズのインタビューで彼の父親がナチスに反対して闘ったと主張している。

 しかし、彼の支持者にもそのことに懐疑的な者もいる。米国政府と密接に協力し、一般的には影のCIAと呼ばれている民間の諜報機関会社ストラトフォーのバルカン・アナリストは、大まかな背景となる履歴を書き、「まだ彼の完全なストーリーは分からないが、この男の両親は第一世代(名前がスラブすぎる)で、第一次大戦後チトーの共産主義者から逃げたウスタシェ(ナチと読む)の支持者であると沢山の$$$を掛けてもよい。」と書いている。

 ストラトフォーのアナリストは、サンタクルスの大農場にマリンコビィッチを訪ねたジャーナリスト、クリスチャン・パレンティの2006年の記事を引用した。エボ・モラレスの「土地改革は内戦につながる可能性がある」とヒューストンのテキサス大学で学んだ時に覚えたテキサス訛りの英語でパレンティに警告した。

 今では、マリンコビッチはブラジルの指導者ジャイル・ボルソナロの熱烈な支持者である。ボルソナロがチリの独裁者アウグスト・ピノチェトに関して抱いている唯一の不満は「殺し方が足りなかった」ことである。

 マリンコビッチはベネズエラの極右野党も公然と称賛している。「我々は皆レポルドだ」とレオポルド・ロペスの支持者にツイートした。レオポルドはベネズエラの選挙で選ばれた左翼政府に対する沢山のクーデター攻撃に関わってきた。

 マリンコビッチがパレンティとのインタビューの中で武装した過激な行動での役割を否定していたが、彼は2008年のモラレスと社会主義運動党同盟の暗殺未遂での中心的な役割を果たしたことで告訴されている。

 この陰謀が展開される2年足らず前に彼はニューヨークタイムズに「もし、我々の危機に合法的な国際調停機関が存在しなければ、対立となるだろう。そして残念なことに、すべてのボリビア人に流血と痛みを伴うだろう。」と述べている。

 

【暗殺計画がボリビア右翼と国際的なファシストと結びつける】

 2009年の春、ボリビア治安部隊の特殊斑が高級ホテルの部屋の押し入り、エボ・モラレス殺害の陰謀に関与していると言われた3人の男が消された。他の二人は自由のままだった。共犯者とみられた4人はハンガリーかクロアチアにルーツを持ち、東ヨーロッパの右翼政治家とつながっていたが、もう一人は右翼のアイルランド人ミチェル・ダイヤーだった。彼は6か月前にサンタクルスに到着したばかりだった。

武器を持ついわゆる殺人請負人ミチェル・ダイヤー。

 

 このグループの首謀者は、ファシズムに転向し、スペインのフランシスコ・フランコ独裁の下で生まれた伝統的なカソリックの狂信的教団『オプス・デイ』(Opus Dei)に属しているエデュアルド・ロサフローレスという名前の元左翼のジャーナリストだと言われて来た。実際、コードネーム、ロサフローレスが暗殺を想定していたのは、故大将軍の後、「フランコ」だった。

 1990年代に、ユーゴスラビアからの分離戦争で、ロサは第一国際部隊、PIVを代表して闘った。「PIVは悪名高いグループで、その95%が犯罪歴を持ち、多くはドイツからアイルランドのナチやファシスト・グループの一部だった。」とクロアチアのジャーナリストがタイムに話していた。

 2009年までに、ロサはサンタクルスのもう一つの分離運動を代表して十字軍に加わるために祖国ボリビアに帰っていた。そして収入源や銃の大量備蓄を明らかにすることなく豪華なホテルで殺されたのはそこだった。

 政府は後で武器を持ってポーズととったロサと共犯者の写真を公開した。CIAの2重エージェントで元ハンガリー諜報員のイストバン・ベロバイと首謀者間のEメールの公開は、この作戦にワシントンが関与しているという認識を固めた。

ボリビアの武器の隠し場所でのロサとダイヤー

 

 マリンコビッチはその後、その陰謀に20万ドルを提供したことで起訴された。クロアチア系ボリビア人のオルガリヒは最初米国へ逃亡し、そこで亡命が認められ、その後ブラジルへ移り、今そこで暮らしている。彼はモラレス殺害の陰謀への関与を否定している。

 ジャーナリスト、マット・ケナードが報告しているように、陰謀を米国と結びつけるもう一つの筋があった。すなわち、ウーゴ・アチャ・メルガルという名前のNGOリーダーが参加した疑いである。

 「ロサは一人でここに来たのではなく、彼らが連れてきた。」とボリビア政府の主任捜査官がケナードに話した。「ウーゴ・アチャ・メルガルが彼を連れてきた。」

 

【人権財団がボリビアを不安定化する】

 アチャはただ普通のNGOのトップだったのではない。米国が標的とする国で体制転覆させることを目指す活動家のための「革命学校」を主宰していることで有名な国際右翼団体、人権財団(HRF)のボリビア支部を彼は設立した。

 HRFは故ベネズエラのオリガーキーでCIAスパイだったトール・アルボルセン・エジュムの息子、トール・アルボルセンJr.が運営していた。ベネズエラのクーデター陰謀家のベテラン、レオポルド・ロペスのいとこであるアルボルセンは、政治的正当性や有名な右翼コブリンに対して改革に参加した元共和党の活動家だった。

 扇動的な右翼映画プロデューサーとしての短いキャリアを経て、そこでは鉱山会社からの資金によって中傷的な「反環境保護主義者」といドキュメンタリーを監督していたが、アルボルセンは自由主義の推進者、世界的な独裁主義の敵として再ブランド化した。彼は、ピーター・ティールのような右翼の大富豪、保守の財団、それにアムネスティ・インターナショナルなどのNGOから助成金を得てHRFを立ち上げた。それ以来、そのグループは香港から中東、ラテンアメリカまで反乱活動家のための活動家訓練の最前線にいる。

 アチャは米国で庇護を与えられたが、HRFはボリビアで体制転覆を進めることを継続していた。グレイゾーンでワッツ・リードが報告しているように、HRFの「自由の同志」ジャニセ・バカ・ダサが、8月にボリビアの一部を破壊したアマゾン火災でモラレスを非難することによってクーデターの初期段階の引き金を引くことを助け、モラレスに国際的抗議を集中させた。

 当時、ダサは「環境保護活動家」で、ボリビアに国際的支援の穏やかに見える要請に関心を持つ雄弁な非暴力の学生の振りをした。NGO『リオス・デ・ピエ』を通して、彼女は#SOSBoliviaというハッシュタグの立ち上げを支援した。これは外国の支援を受けた体制転覆が目前に迫っているという合図だった。

 

【地域右翼を説得し、クーデターを準備する】

HRFのダサがヨーロッパと米国でボリビア大使館の外で抗議行動を結集させている時、フェルナンド・カマーチョは現地で背後に隠れたまま、地域の右翼政府に来るクーデターを祝福するように働きかけていた。

 5月、カマーチョはコロンビアの右翼イバン・デューケ大統領と会った。カマーチョは、米州人権裁判所でエボ・モラレス大統領の正当性に傷をつける地域的な取り組みを先導するのを助け、10月の選挙にモラレスの立候補を妨害しようとしていた。

5月にコロンビア大統領イバン・デューケと一緒のカマーチョ

 

 その同じ月、右翼のボリビア人扇動家もブラジルの超保守のジャイル・ボルソナロ政権の首相エルネスト・アラウージョと会っていた。会議を通して、カマーチョはボリビアでの体制転覆に対するボルソナロの支援を確保することに成功した。

 この11月10日に、アラウージョはモラレスの追放を熱狂的に支持し、「ブラジルは民主主義と合法的な移行を支持する」と宣言した。

 8月に、ボリビアの大統領選挙の2か月前、カマーチョはベネズエラの米国指名のクーデター体制の高官と会談を持った。これにはグアイドの似非ベネズエラOAS大使グスタボ・タレも参加した。彼は以前にワシントンの右翼のシンクタンク、戦略・国際問題研究所(CSIS)で働いていた。

 会談の後、カマーチョはコロンビアとブラジルだけでなく、ベネズエラのクーデター屋にも感謝をツイートしていた。

 

【メサとカマーチョ:資本主義者の利便性との融合】

 ボリビアに戻ると、カルロス・メサは野党の大統領候補として注目を集めた。

 彼の学者ぶったイメージと中道的な政策の提案は、カマーチョやマリンコビッチのような攻撃的な右翼からは異なる政治的空間に彼を置いた。彼らにとって、彼は便利なフロントマンであり、経済的な利益を守ることを約束した受け入れ可能な候補だった。

 「彼は私のお好みではないかもしれないが、私は彼に投票する。なぜなら、エボを望まないから。」とマリンコビッチは選挙の5日前に右翼のアルゼンチンの新聞に話している。

 実際、メサに対する彼の支持が必要であるように見えるのはカマーチョの現実の経済的利益である。

 カマーチョ一族はサンタクルスに天然ガス・カルテルを設立した。ボリビアの放送局『プリメラ・リネア』が報道したように、ルイス・フェルナンド・カマーチョの父親、ホセ・ルイスは同市にガスを供給しているセルガスという会社の所有者であり、彼の叔父エンリケは地元のガス生産施設を運営しているソクレを管理しており、彼の従弟クリスチャンはもう一つの地元のガス配給会社コントロガスを管理している。

 『プリメラ・リネア』によれば、カマーチョ一族はカルロス・メサを権力に就け、彼らのビジネス帝国の復活を保証する政治的武器として、親サンタクルス委員会を利用している。

 メサには自国の住民を犠牲にして多国籍企業の目標を前進させてきたことが文書で十分に立証されている歴史がある。米国に支援されたゴンサレス・「ゴニ」・サンチェス・デ・ロペス大統領が、自国の天然ガスをチリの港経由で米国へ輸出することを多国籍企業の合弁会社に許可した2003年計画によって大規模な抗議行動を引き起こした時、この新自由主義政治家でメディアのパーソナリティは副大統領を務めていた。

 ボリビアの米国で訓練を受けた治安部隊は厳しい弾圧を伴った激しい抗議を受けた。70人の非武装の抗議参加者の殺害を仕切った後、サンチェス・デ・ロサダはマイアミへ逃亡し、メサに引き継がれた。

 2005年までに、民営化された天然ガス会社の保護が拍車を掛けた巨大なデモによってメサも追放された。彼の崩壊によって、モラレスの選挙と社会主義および農村の先住民運動の高揚が彼の背後でその地平を越えるばかりになっていた。

 ウィキリークスが明らかにした米国政府の情報は、メサが追放された後も、彼が定期的に米国官僚と連絡を取っていたことを示している。ボリビアの米国大使館からの2008年のメモは、ワシントンが2009年の選挙に向けて野党政治家と共謀し、モラレスを弱体化させ、最終的に失脚させることを望んでいたことを示していた。

 メモには、メサが米国大使館の公使と会い、大統領選挙に立候補することを非公式に伝えていたことが書かれていた。その情報は撤回された。すなわち、「メサは彼の党が社会民主党とイデオロギー的にも似ており、民主党との結びつきを強化することを希望すると我々に伝えた。「我々は共和党に反対するものは何もなく、実際、過去にはIRI(共和党国際研究所)から支援を受けていたが、民主党とイデオロギーで共有する部分がより多くあると考えている。」と続けた。」

 現在メサは、ラテンアメリカに焦点を当てたワシントンを拠点とするシンクタンク『インターアメリカン・ダイアログ』で社内「専門家」を務めている。『ダイアログ』の最大の資金提供者の一つが米国国際開発庁(USAID)である。それは、先住民コミュニティ向けのエボ・モラレスのビジョンに「反対する」人々を含む野党グループに数百万ドルを戦略的に提供していたことをウィキリークスが公開して外交機密情報をばらされた国務省の出先機関である。

 その他の『ダイアログ』のトップの資金提供者には、シェブロンやエクソンモービルのような石油巨大企業、メサが仕えていた政権に対する最初の抗議行動を触発したベクテル、モラレスの社会主義指向政策に強硬に反対していたインターアメリカン開発銀行、不正な集計があったという怪しげな主張をしてモラレスの再選を非合法化することに協力した米州機構(OAS)が含まれている。

 

【仕事の仕上げ】

 カルロス・メサが、エボ・モラレス政府が選挙で不正を働いたと非難することによって10月の全国的な抗議行動の口火を切った時、「マチョ・カマチョ」が影から現れたので、右翼の扇動者は彼の支持者から歓迎された。彼の背後には、彼がサンタクルスで率いていた強硬な分離主義者の襲撃勢力がいた。

 カマーチョが正真正銘のクーデターの顔として現れ、強固な言葉と『フベニル・クルセニスタ連合』の民兵組織を表すファシストのシンボルを持って彼の勢力を結集させた時、メサは遠くに消えて行った。

 カマーチョがモラレスに対する勝利を宣言した時、彼は仲間たちに「仕事を片付けろ。選挙をやろう。政府の犯罪者を裁判にかけよう。奴らを刑務所にぶち込もう。」と力説した。

 一方、ワシントンに戻れば、トランプ政権はボリビアのクーデターを祝福する公式声明を発表し、「モラレスがいなくなったことで民主主義が維持される。」と宣言した。(N)

原文URL:

http://axisoflogic.com/artman/publish/Article_86153.shtml

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

趣旨

今、ラテンアメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM