ウルグアイ:ベネズエラに対してTIARを発動すれば、脱退する

  • 2019.09.27 Friday
  • 05:05

「香港人権法案」もそうだが、TIARに加盟していないベネズエラにこの条約を適用しようとは、米国は完全に理性的思考を無くしてしまった。


ベネズエラに対してTIARが発動された後、ウルグアイは脱退する

Uruguay Withdraws From TIAR After Activation Against Venezuela

2019年9月25日 teleSUR発

Uruguay's flag

ウルグアイ国旗|写真:Flickr

 

この地域の進歩的な政府は米国が押し付けたTIARを承認していない。2003年に、ベネズエラ、ボリビア、(以前の)エクアドルとニカラグアといったALBA政府も正式にこの条約から脱退している。

 ウルグアイの外務省の首脳ロドルフォ・ニン・ノボアは、月曜日の発動の後、米州相互援助条約(TIAR)からウルグアイが脱退すると発表した。

 この条約はラテンアメリカにおける米国の介入を承認する手段であると非難されて来た。ニン・ノボアは火曜日「陳腐化し不適切に使用されたためこの条約から脱退した。」と発言した。

 この地域の保守的な政府が、ベネズエラが「この地域の脅威」となっている、そしてコロンビア・メディアの嘘の主張に従ってベネズエラがコロンビアの反体制派ゲリラの拠点となっていると主張し、TIARの発動を求めていた。

 しかし、ニン・ノボア外相は、これはベネズエラにおける武力介入を正当化することをのみ目的とする戦略であると警告していた。「少なくとも危険な状況における、このメカニズムの行使には我々は反対するつもりだ。それはベネズエラ内部の対立への直接介入になる。」

 TIARは1947年に署名された条約である。それはOAS加盟国間の「防衛」の相互メカニズムとして機能する。この条約は冷戦という状況の中で米国がこの地域に押し付けたものであり、イデオロギー的な理由でラテンアメリカに軍事介入することに地域が承認を与えるようにしたものである。

 この地域の進歩的な政府は米国が押し付けたTIARを承認していない。2003年には、ベネズエラ、ボリビア、(以前の)エクアドルとニカラグアといったALBA諸国の政府も正式にこの条約から脱退している。

 今月早々に、ベネズエラの防衛大臣ウラジミール・パドリノ・ロペスは、もしTIAR発動が戦争に向かうのであれば、ボリバル軍はこの国を防衛すると明確に声明し、「米国と右翼野党による陰謀も含めて、政府を不安定化したい非常に強大な利害関係者による陰謀に対して、ボリバル軍はベネズエラの領土を守る。」と述べた。(N)

Colombian Paramilitary Confesses Links To Guaido.

More evidence comes to light about links between the self-proclaimed interim president of Venezuela, Juan Guaido, and the Colombian paramilitary criminal gang, Los Rastrojos. Read more 👉🏾 https://bit.ly/2m5pD7a

teleSUR Englishさんの投稿 2019年9月20日金曜日

原文URL:

https://www.telesurenglish.net/news/Uruguay-Withdraws-From-TIAR-After-Activation-Against-Venezuela-20190924-0013.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

趣旨

今、ラテンアメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM