ベネズエラ:ノーモアトランプ署名1000万達成

  • 2019.09.09 Monday
  • 06:29

自称大統領グアイドが自国領土の一部を外国勢力へ引き渡し交渉をした容疑で捜査が始まる。


マドゥーロ:#ノーモアトランプの請願署名が目標の1000万を達成する

Maduro:#NoMoreTrump Petition Hits 10 Million Signature Goal

2019年9月6日 teleSUR発

 Venezuela's President Nicolas Maduro at Miraflores Palace in Caracas, Venezuela July 25, 2019. Miraflores Palace via REUTERS

ミラフローレス官邸のニコラス・マドゥーロ・ベネズエラ大統領。2019年7月25日。|写真:Reuters

 

1カ月弱前に開始された国際キャンペーンが1000万の署名を集め、国連に手渡される。

 金曜日の夕方の記者会見で、ベネズエラのニコラス・マドゥーロ大統領が、この南米の国に対して米国な犯罪的な封鎖に反対する国際的な#ノーモアトランプ・キャンペーンに1000万の署名が集まったと発表した。

 ベネズエラに対する米国政権の違法な経済的、商業的封鎖を非難する国際勢力を結集するためにマドゥーロ大統領によって8月10日に開始された「ノーモアトランプ」請願は、火曜日時点で900万署名に達した。

 「感動的な人民の能力、1000万は彼らの意志の表現だ。我々はここで遊んでいるのではない!我々は真剣だ!」

先月世界的に広まった反トランプ署名は今月、9月17日に始まる第74回国連総会にちょうど合わせて、国連に提出される予定である。

 また、ブリーフィングの中で、国家首脳は政府が再び野党との対話から撤退していると述べた。なぜなら、米国に支援された自称暫定大統領ファン・グイアドが、19世紀以来ガイアナと争ってきた領土エセキボ地域を違法に手渡そうとしていると言われているからだ。

 「彼がエセキボを引き渡すという主張を修正するまで、尊厳と主権を理由としてはっきりと対話から外れる。」

 「(グアイドが)偽政府を代表して、ベネズエラの領土エセキボを放棄する交渉をしていることは受け入れがたい。」と国家首脳は述べた。「私はテーブルに裏切り者は受け入れない。」と大統領は記者会見で力強く発言した。「我々はベネズエラ国内の平和、主権、生産と団結を求めている。」

 大統領演説の数時間前、ベネズエラの検事総長タレク・サーブが政府は「ファン・グアイド、バネサ・ネウマンおよびマヌエル・アベンダーニョ(グアイドの補佐官)を違法な交渉に関与した容疑で捜査」を開始したと発表した。

 検察のトップはさらに、「我々はそれを許さない。正義が実行される。」とサーブが発言し、野党の政治家が「我々の資源を減らし、それを外国勢力に引き渡そう」としていると強調した。

 演説の始めに、マドゥーロは、現在最高裁によって法廷侮辱に置かれている国民議会が社会党の方へひっくり返る可能性が高いと強調した。

 ベネズエラ大統領は、コロンビア国境で実施されている火曜に発表されたオレンジ・アラートは「完全に規律正しく実施されている。」と発言を続けた。「この警告は隣国からの軍事的攻撃の脅威に備えたものである。」

 「ベネズエラを攻撃し、我が国に対して軍事紛争を仕掛けるために、コロンビア政府(から)の一連の偽旗作戦を拡大しようとする陰謀があることが分かっている。」とその行動が最初に発令された火曜日に大統領が発言していた。

 金曜日の演説では、彼は、「ゲリラ、犯罪的で無責任なボゴタのオルガーキー、そして、イバン・デューケ『大統領代理』の脅威を前にしてベネズエラの平和と主権」のためにこの処置が取られたと繰り返し主張した。マドゥーロはデューケ大統領を元コロンビア大統領アルバロ・ウリーベの操り人形であると言っている。

 マドゥーロによれば、「アルバロ・ウリーベ、コロンビアで実際の権力を握っている人物は、犯罪的で、民兵的で麻薬密売人(である)。」(N)

US Witholds 5Bn For Venezuelan Medicine

The US has seized Venezuelan funds designated for medicines.

teleSUR Englishさんの投稿 2019年3月22日金曜日

原文URL:

https://www.telesurenglish.net/news/Maduro-NoMoreTrump-Petition-Hits-10-Million-Signature-Goal-20190906-0014.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

趣旨

今、ラテンアメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM