米国がベネズエラに海上封鎖を検討

  • 2019.08.04 Sunday
  • 05:41

米国は恐ろしい人道的な犯罪を犯そうとしている。米国がベネズエラの人道のことなど微塵も考えていない証明だ。


ベネズエラが海上封鎖という新たな脅迫を非難

Venezuela Rejects US New Threats of Naval Blockade

2019年8月2日 teleSUR発

Venezuela's ambassador to the United Nations, Samuel Moncada.

ベネズエラの国連大使サムエル・モンカダ。|写真:teleSUR

 

ベネズエラの国連大使サムエル・モンカダによれば、2019年に米軍はこの地域に偵察機を飛ばして55回以上の領空侵犯をしていた。

 ニコラス・マドウーロ大統領は金曜日、ベネズエラに対する海上封鎖、あるいはいわゆる「検疫」を実施するという米国大統領ドナルド・トランプの脅迫を拒否し、ベネズエラ水域への船舶の出入りを止めようとしていると述べた。

 「ベネズエラは全体として、市民社会と軍が団結して、ドナルド・トランプのいわゆる検疫、いわゆる海上封鎖の宣言を認めないし、拒否する。帝国主義に対して、ベネズエラでは彼らの計画を遂行することができないと言っておく!」とマドウーロ大統領がベネズエラの国営海運業の視察後の演説で述べた。

 「ベネズエラの海は自由であり、主権的で独立である。(…)そして、我々は好きなように航海する。」とマドウーロ大統領は強調した。

 この点について、彼は、ボリバル政府は米国の新たな脅迫に関して国連安全保障理事会に正式な苦情を準備していると注意した。それはベネズエラの全住民に対して影響を与えるものだと述べた。

 木曜日、そのような措置をどう考えるのかとトランプが記者に尋ねられた時、彼は「そうだ。」と話したが、詳細は明らかにしなかった。

 金曜日、米国の上級効果は、その問題に関するトランプの言葉は「非常に深刻に」捉えられるべきであるが、政権としては「驚かせる要素」を手放したくはないと述べた。

 金曜日のマドウーロ大統領の演説の数時間後、ベネズエラの国連大使サムエル・モンカダが国際機関による経済封鎖とワシントンによって「世界的規模で」実行された「窃盗」を非難し、それは人道に対する犯罪にあたると述べた。

 「我々は、終わりの無い戦争という恐ろしい展望を拒否するし、国連憲章が実行されることを要求する。」と、トランプがベネズエラに対する海上封鎖を政権は検討中であると記者団に発言した翌日、その外交官が述べた。

 「今日、我々は我が国に飢餓を生み出そうとしている米国を非難するために来た。採掘資金と財政資金を違法に割り当てることによって経済テロリズムを通して集団的懲罰を加えている。」(N)

原文URL:

https://www.telesurenglish.net/news/Venezuela-Rejects-US-New-Threats-of-Naval-Blockade-20190802-0011.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

趣旨

今、ラテンアメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM