7月5日はベネズエラ独立208周年

  • 2019.07.06 Saturday
  • 06:06

ベネズエラの独立記念日をこれから先もずっと一緒にお祝いしたい。


ベネズエラが国連人権報告に70件の異議を提出

Venezuela Issues 70 Objections to UN’s Human Rights Report

2019年7月4日 teleSUR発

A man waves a Venezuelan national flag as he attends a rally in support of Venezuela's President Nicolas Maduro.

ニコラス・マドゥーロ大統領支持集会に参加した、ベネズエラ国旗を振る人。|写真:Reuters

 

ベネズエラ政府は、木曜日に発表された国連の報告に大きな誤りと偏見があると考える詳細な長い報告書を発表した。

 ベネズエラ政府は木曜日、国連人権委員会が発表した調査報告書を批判する声明を発表し、データ収集に使用した方法に疑問を呈した。

 「この報告には、ベネズエラ・ボリバル共和国の本当の人権状況について、恣意的で、開けっ広げの偏見に満ちた見解が示されている。それは人権問題を取り扱うべき原則に反している。」とベネズエラ政府の声明はこの報告への回答として国連に向けたコメントに書いている。

 声明は、この報告書が「その準備に使用した方法論に重大な弱点がある」という事実に基づいて歪められ、間違った情報を非難するものになっていると書いている。

 ベネズエラ政府は、報告に使用された情報は客観性に欠けており、「国連人権高等弁務官にすべての文書と素材を国が提供したにもかかわらず、過度に特権化され、公式情報はほとんど完全に無視されている。」と述べている。

 声明は、OHCHRが聞き取り調査した82%がベネズエラ国外に居住している人に実施されているという事実を指摘している。さらに声明は、国連の担当官が「2019年にベネズエラを訪れたのは2回で、一回目は3月の12日間で、2回目は6月の19日から22日だけである。」

 また、この報告は、ベネズエラに対して米国が実施している経済封鎖の否定的な影響を考慮しておらず、ニコラス・マドゥーロ大統領政府が国民の購買力を維持しようとし、この経済状況に取り組む住民を援助する緊急措置を実施していることを無視している。

 これらの対策には、とりわけ、祖国カートを通じた毎月の財政上の割り当てや公共サービス(水、電気、家庭用ガス、運賃、インターネット)の費用に対する全般的な補助金、無償の教育と医療制度、さらに社会保障年金制度の普及がある。

 この報告はベネズエラが全予算の75%を社会保障に投資していることに触れていない。この中には、学校給食プログラム、食料ハウス、栄養不良配慮プラン、大衆ダイニングルーム、国の管理下での個人へのフードサービス、先住民のために食料パッケージ、母乳プログラムなどには何も触れていない。

 政府の声明は、野党とNGOによって世界に流されている「人道危機」という主流の筋書きに反論する無数の証拠を政府は提出して来たと言い続けている。

 ベネズエラ政府によれば、この報告は「人道危機」という言葉を乱用しており、そのような言葉を正当化する論拠が存在しないので、政府関係者がその言葉を認めていないというのは本当ではない。「ベネズエラ政府は経済危機を認めている。」(N)

 

動画:明らかにされたベネズエラに対するテロ攻撃

Terrorist Attack Against Venezuela Revealed

The same right-wing would be trying to sabotage Guaido planning to carry out a coup within the opposition.

teleSUR Englishさんの投稿 2019年6月27日木曜日

原文URL:

https://www.telesurenglish.net/news/Venezuela-Issues-70-Objections-to-UNs-Human-Rights-Report-20190704-0009.html

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

趣旨

今、ラテンアメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM