8月13日は、故フィデル・カストロの91回目の生誕記念日(2)

  • 2017.08.19 Saturday
  • 05:19

キューバとベネズエラが、帝国主義に狙われているのは、その確固とした反帝国主義と国際主義の姿勢にもある。フィデルに続いて、我々が国際主義者であるためには、今、帝国主義諸国に制裁と脅迫を受けているキューバとベネズエラを支援することだ。


真の国際主義者として5ヶ国を支援したフィデル・カストロ

(5 Times Fidel Proved He Was a True Internationalist)

2017年8月13日 teleSUR発

続きを読む >>

8月13日は、故フィデル・カストロの91回目の生誕記念日

  • 2017.08.17 Thursday
  • 05:26

フィデル・カストロの生誕記念日に、彼の功績を振り返って見ましょう。人類が無くなるか、資本主義が無くなるか、という岐路。


フィデル・カストロの環境保護的遺産

(Fidel Castro’s Enduring Environmental Legacy)

2017年8月13日 teleSUR発

続きを読む >>

キューバ:トランプの政策転換を世界中が非難

  • 2017.07.07 Friday
  • 05:09

トランプの反キューバ政策は、世界中から「時代遅れの陳腐化したもの」として非難されている。


国際的な芸術家や学者たちが、トランプの反キューバへの方向転換を非難

(International Artists, Scholars Slam Trump's Anti-Cuba Pivot)

2017年7月4日 teleSUR発

続きを読む >>

キューバ:映画学校でも多くの国の学生を育てる

  • 2017.07.04 Tuesday
  • 06:25

医科大学と並んで映画学校でも、沢山の国の学生を育てている。キューバで育てられた医者が、世界の貧しい人たちをケアしているのと同様に、この人たちもまた、世界の真の姿を映し出してくれるに違いない。


17か国の学生が、ガルシア・マルケスが設立したキューバの映画学校を卒業

(Students From 17 Countries to Graduate From Cuba Cinema School Founded by Garcia Marquez)

2017年7月2日 teleSUR発

続きを読む >>

世界平和評議会、キューバに対するトランプの政策を非難

  • 2017.06.28 Wednesday
  • 06:03

国際的には、フィデル・カストロは、「独裁者」ではなく、「ヒューマニスト」として見られており、一方、トランプは「レイシスト」と見られている。合衆国は、キューバとベネズエラへの内政干渉を止めろ!


世界平和評議会、キューバへの合衆国の干渉主義を非難

(World Peace Councils Slams US Interventionism in Cuba)

2017年6月27日 teleSUR発

続きを読む >>

キューバ:マイアミのキューバ系住民もトランプを支持していない

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 06:05

キューバに対する関係正常化を逆転させるトランプの政策は、誰も支持していない。ごく一部の右翼共和党員だけ?都合が悪くなると対外的に勇ましい言葉を吐く。政治の幼稚性は、日米共通?キューバ敵視を止めよ。


マイアミのキューバ人、島へのトランプの敵対行為を拒む

(Miami Cubans Reject Trump's Hostility Toward Island)

2017年6月18日 teleSUR発

続きを読む >>

キューバ、トランプの声明に反論。「合衆国は、我々に教訓を垂れる立場にない。」

  • 2017.06.19 Monday
  • 06:07

合衆国は、「人権」や「民主主義」を口にできる立場ではない。国内の銃殺人、警官による黒人虐待、不平等、人種差別など国内問題は山積しているのに、世界中で爆撃を行い、国外の反動右翼とテロ組織に資金と武器を渡して混乱状態を起こすなど、最大の人権、民主的権利を侵害をしていることをマスコミはなぜ指摘しない。


「失敗する運命」:キューバ、トランプの政策逆転に反論

(‘Doomed to Fail’: Cuba Responds to Trump’s Policy Reversal)

2017年6月16日 teleSUR発

続きを読む >>

キューバ系アメリカ人の世論調査で、関係正常化賛成が急増

  • 2017.06.16 Friday
  • 06:03

老齢化した革命時のキューバ人亡命者の力は衰え、2世・3世は関係正常化に賛成が多い。トランプは、主権を尊重して、キューバ、ベネズエラから手を引くべきだ。


世論調査:キューバ系アメリカ人、封鎖を止め、合衆国・キューバ関係を正常化することに賛成

Cuban-Americans Favor Dropping Blockade, Normalizing US-Cuba Ties: Pol

2017614 teleSUR

 

続きを読む >>

トランプのパリ協定離脱は、環境破壊宣言か

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 11:06

「明日では遅すぎる。」 気候変動だけが環境問題ではなく、放射能、有害化学物質の拡散、大量消費、大量廃棄の社会では、人類は生き延びられない。もちろん戦争は、環境破壊の最たるものであり、貴重な環境を破壊して辺野古に軍事基地を建設するなどはすぐ止めるべきだ。資本主義を廃棄しなければ、環境破壊は止められない。


フィデル・カストロの環境問題に関する不朽の遺産

(Fidel Castro’s Enduring Environmental Legacy)

201765 teleUR

続きを読む >>

トランプ、キューバの独立記念日に的外れな非難声明

  • 2017.05.23 Tuesday
  • 05:54

トランプは、無知蒙昧な非難は止めて、キューバとの関係正常化を進めるべきだ。


ラウル・カストロ、キューバの「専制」に関する「ヤンキー」トランプのコメントを「矛盾した的外れ」と非難。

(Raul Castro Slams ‘Yankee’ Trump’s Comments on Cuban ‘Despotism’ as ‘Contradictory and Clumsy’)

2017年5月21日 teleSUR発

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM