チリ、エクアドルとベネズエラの反乱に対する対照的なマスメディアの報道

  • 2019.10.30 Wednesday
  • 06:23

ベネズエラアナリシスの記事を紹介します。


チリとエクアドルにおける反新自由主義反乱に対する「ベネズエラ的な扱い」をMSMが拒否

MSM Denies ‘Venezuela Treatment’ to Anti-Neoliberal Rebellions in Chile and Ecuador

2019年10月24日 venezuelanalysis(By Lucas Koerner - FAIR)発

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

趣旨

今、ラテンアメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM