フランス領ギアナでストライキを延長

  • 2017.04.20 Thursday
  • 06:28

労働者のストライキが延長され、宇宙センターのロケット発射は無期限延期となっている。それにしても、電気も水道も完備していないところに宇宙センターとは、その対照がすご過ぎて、怒りの矛先が向かうのは当然。


フランス領ギアナの労働者、ストライキを延長し、さらにバリケードを設置

(French Guiana Workers Extend Strike, Set up More Barricades)

2017年4月18日 teleSUR発

続きを読む >>

合衆国のシリア攻撃糾弾

  • 2017.04.09 Sunday
  • 06:49

トランプが選挙時の公約から後退して、闇の政府に屈服したとすれば、オバマのような見せかけの平和主義者ではない、剥き出しの人種差別者で軍国主義者が権力を握ってしまったことになるのだが。


合衆国のシリア攻撃に対する世界の反応

(The World Reacts to the US Attack on Syria)

2017年4月7日 teleSUR発

続きを読む >>

南米フランス領ギアナでゼネスト

  • 2017.03.29 Wednesday
  • 05:43

本国とはあらゆる面で差別された植民地の労働者が、学校や商店を閉鎖してゼネストを開始。南米・カリブ海の地図を見ると、イギリス領、オランダ領といった植民地がまだたくさんあり、反植民地闘争は過去のものではないことに気づかされる。


フランスの植民地支配下にあるギアナで、ゼネラル・ストライキ

(Guiana, Under French Colonial Rule, Gripped by General Strike)

2017年3月27日 teleSUR発

続きを読む >>

モンサントが、除草剤の発がん性リスクを隠蔽したとして告訴される

  • 2017.03.19 Sunday
  • 06:33

除草剤「ラウンドアップ」は、世界中で大量に使用され、遺伝子組み換え作物にも欠かせない除草剤です。最近では、ラウンドアップにも耐性を持つスーパー雑草が登場してきたというニュースがあります。人間が自然をコントロールしようとするのは、根本的な間違いです。我が国では、知らぬ間に「種子法」廃止が、国会を通過しそうだとのことで、要注意です。


モンサントが、ガンのリスクを隠すためのゴーストライターを使用したことで告訴される

(Monsanto Accused of Using Ghostwriters to Cover up Cancer Risk)

2016年3月16日  teleSUR発

続きを読む >>

移民問題は、帝国主義自身が作り出したもの

  • 2017.03.17 Friday
  • 05:16

資本主義の危機に際して、世界中の労働者は、対立ではなく、団結が必要。「資本論」から読み直すことが必要か。


カール・マルクスの危機理論は、拡大する反移民ヘイトをどう説明するのか

(How Marx’s Crisis Theory Explains Growing Anti-Immigrant Hate)

2017年3月14日 teleSUR(By Ramiro S. Fúnez)

続きを読む >>

新自由主義と闘うアルゼンチンとメキシコの教師たち

  • 2017.03.11 Saturday
  • 06:05

新学期から始まったアルゼンチンの教員ストライキは、当初の72時間ストから無期限ストになったようです。


ラテン・アメリカで新自由主義に反対する道をリードする教員たち

(Teachers Leading Way Against Neoliberalism in Latin America)

2017年3月9日 teleSUR(By Ramiro S. Funez)

続きを読む >>

フィデルが、ペルーのサッカー選手を蘇らせた

  • 2017.03.03 Friday
  • 05:37

フィデルはいろんなところに生きている。「フィデルは、決してあきらめない手本。」


ペルーのサッカー選手、フィデルによって決して諦めないよう元気付けられた

(Peruvian Soccer Player Inspired by Fidel to Never Surrender)

2017年3月1日 teleSUR発

続きを読む >>

2月20日は、世界社会正義の日

  • 2017.02.22 Wednesday
  • 06:28

世界社会正義の日は、2008年に国連で制定され、2009年より実施されてきた。貧困の撲滅と公正な社会の実現を目指すもの。


ラテン・アメリカの抑圧に抵抗している5つの社会運動

(5 Social Movements Resisting Repression in Latin America)

2017年2月20日 teleSUR(by Ramiro S. Fúnez)発

続きを読む >>

カール・マルクスの映画が、今年公開される

  • 2017.02.14 Tuesday
  • 06:17

この映画の日本での公開に期待しています。


ペックの「若き日のカール・マルクス」が、2017年に劇場でヒットする

(Peck's 'The Young Karl Marx' Set To Hit Theaters in 2017)

2017年2月12日 teleSUR発

続きを読む >>

CELAC、トランプ対策を協議

  • 2017.01.24 Tuesday
  • 05:13

ラテン・アメリカとカリブ諸国共同体(CELAC)の首脳会議が開かれ、トランプを始めとして広範な課題が討議されているという記事です。


ラテン・アメリカとカリブ諸国のリーダー、トランプとの関係を討議

(Latin American, Caribbean Leaders Discuss Relations With Trump)

2017年1月22日 teleSUR発

続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

趣旨

今、ラテン・アメリカでキューバを先頭とする社会主義、ないし社会主義を志向する大衆闘争が注目です。特に、昨年末(2015年)アルゼンチン、ベネズエラで右翼が勝利し、米国に支援された反動右翼と進歩的な人民大衆との熾烈な階級闘争が繰り広げられています。日本のマスコミは歪められたものしか報道していません。 だからこそ今、目の前で闘われている大衆闘争について現地の報道機関やブログで報道されているものを日本語にして日本の労働者に紹介していくことは、国際連帯としても日本での民主主義を闘いとる闘争にとっても有意義なことであるように思います。

おことわり

このブログでは英文記事を翻訳してご紹介しておりますが、筆者はかなずしも英語に堪能であるわけではありません。 従って、多々誤訳等があるかと思いますが、ご容赦願います。

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM